Ch.8-5 「大丈夫、ルー坊や?」カンガは呼びかけました

第8章 北極を探しに行くお話(5)

前回のあらすじ
大きな石の間をくねって流れる小川のところへやって来ました。少し上流に行くと、平らな草地があり、そこで休憩をとることにします。みんなで昼食を食べますが、イーヨーだけはその場にあった「アザミ」を食べました。

 

(5)

As soon as he had finished his lunch Christopher Robin whispered to Rabbit,
昼食を食べ終わるとクリストファー・ロビンはラビットにささやきました。

and Rabbit said “Yes, yes, of course,” and they walked a little way up the stream together.
ラビットは、「そうだね。もちろん。」と答えて、二人は小川の少し上の方へ歩いて行きました。

"I didn't want the others to hear," said Christofer Robin.
「みんなに聞かれたくなかったんだ。」クリストファー・ロビンは言いました。

"Quite so," said Rabbit, looking important.
そうだね。」ラビットはもったいぶって言いました。

注)Quite so : まったくその通り
注)important : ここではもったいぶって、偉そうにの意味

"It's ー I wondered ー It's only ー Rabbit, I suppose you don't know, What does the North Pole look like."
「実は、思ってたんだ。ただ、ラビット、君は「北極」がどんなものか知らないよね。」

"Well," said Rabbit, stroking his whiskers. "Now you're asking me."
「じゃあ、君はボクにきいてるんだね。」ラビットは髭をなでながら言いました。

"I did know once, only I've sort of forgotten," said Christofer Robin carelessly.
「前は知ってたけど、ちょっと忘れたんだよ。」クリストファー・ロビンはさり気なく言いました。

注)What ... look like : どのようなものか
注)stroking his whiskers :ひげをなでながら(クリストファー・ロビンが知らないことをラビットに尋ねてくれたことで、得意になっています)
注)did know :knew を強調すると、did know となります

注)carelessly :さり気なく

"It's a funny thing," said Rabbit, "but I've sort of forgotten too, although I did know once."
面白いね。ボクも忘れたんだよ。前は知ってたけど。」ラビットは言いました。

"I suppose it's just a pole stuck in the ground?"
地面に突き刺さった棒じゃないかな?」

"Sure to be a pole," said Rabbit, "because of calling a pole, and if it's a pole, well, I should think it would be sticking in the ground, shouldn't you, because there'd be nowhere else to stick it."
「きっと棒だね。pole(棒)と言うくらいだから。それに棒だったら、確かに地面に突き刺さってるはずだね。他に突き刺せるところはないから。」ラビットは言いました。

注)funny :面白い
注)although :~だけれども
注)a pole stuck in the ground :地面に突き刺さった棒
注)stick : 突き刺さる、突き刺す stick - stuck - stuck

"Yes, that's what I thought."
「そう、ボクもそう思うんだ。」

"The only thing," said Rabbit, "is, where is it sticking?"
「ただ、それがどこに刺さっているのか?」ラビットは言いました。

"That's what we're looking for," said Christofer Robin.
「それをぼくらは探してるんだ。」クリストファー・ロビンは言いました。

クリストファー・ロビンとラビットはみんなの所に戻りました。

ピグレットは仰向けになって、すやすやと眠っていました。

ルーは小川で顔と手を洗っていました。

カンガは自慢げに彼が自分で顔を洗うのは初めてだとみんなに説明しました。

そしてアウルはカンガに「百科事典」とか「ツツジ」といった長い単語がいっぱい出てくる面白い逸話を話していましたが、カンガは聞いていませんでした。

【原文】

They went back to the others.

Piglet was lying on his back, sleeping peacefully.

Roo was washing his face and paws in the stream,

while Kanga explained to everybody proudly that this was the first time he had ever washed his face himself,

and Owl was telling Kanga an Interesting Anecdote full of long words like Encyclopedia and Rhododendron to which Kanga wasn't listening.

「百科事典」とか「ツツジ」?
百科事典は encyclopedia、ツツジは rhododendron です。いずれもつづりがとても長い単語です

"I don't hold with all this washing," grumbled Eeyore. "This modern Behind-the-ears nonsense. What do you think, Pooh?"
「こんなふうに顔を洗うのは賛成できないなあ。こんな今風のお子ちゃまの馬鹿げた行動。君はどう思う、プー?」イーヨーはぶつぶつつぶやきました

"Well," said Pooh, "I think ー "
「そうだね、ボクはー」プーが言おうとしました。

But we shall never know what Pooh thought, for there came a sudden squeak from Roo, a splash, and a loud cry of alarm from Kanga.
しかしプーがどう思っているのか知ることもなく、突然ルーが「キャッ!」っという声と水しぶきとカンガの大きな叫びがありました。

"So much for washing," said Eeyore.
「顔を洗う話はこれでおしまい。」イーヨーは言いました。

注)hold with : (主に否定文で)賛成できない
注)grumble : ぶつぶつ言う
注)Behind-the-ears nonsense : 子供は顔を洗って耳の後ろを拭き忘れること
注)So much for ~ : ~はおしまい

"Roo's fallen in!" cried Rabbit, and he and Christofer Robin came rushing down to the rescue.
「ルーが落ちた!」ラビットが叫んで、クリストファー・ロビンと救助に向かいました。

"Look at me swimming!squeaked Roo from the middle of his pool, and was hurried down a waterfall into the next pool.
ボクの泳ぎ見て!」ルーは小川の淀みの真ん中で高い声で言いました。そして次の淀みへ急な流れ駆け下りました

"Are you all right, Roo dear?" called Kanga anxiously.
「大丈夫、ルー坊や?」心配そうにカンガは呼びかけました。

"Yes!" said Roo. "Look at me swー" and down he went over the next waterfall into another pool.
「大丈夫だよ!見てボクのおよー」彼は次の流れを下りてもう1つの淀みに行きました。

注)rescue :救出
注)look at me swimming : ボクが泳いでいるのを見る

注)squeak :かん高い声で言う
注)hurry down :急いで降りる
注)waterfall : 滝、小川のすこし落下している部分
注)anxiously :心配して

誰もが助けようと何かをしていました。ピグレットは突然目を覚まして、ジャンプしながら、「おぉ、まあ」と言っていました。

アウルは急な咄嗟の溺れの場合、大切なことは水から頭を出すことだ、と説明していました。

カンガは土手をジャンプしながら、「本当に大丈夫、ルー坊や!」と言っていました。それに対して、ルーは今どこの淀みにいても、「見て、ボクの泳ぎ!」と答えていました。

イーヨーは向きを変えて、ルーが落ちた最初の淀みに尻尾を入れて、溺れた場所に背中を向けて、静かにブツブツと、「顔洗いとはいえ、ボクの尻尾につかまれよ、ルー坊や、そうすれば大丈夫だから。」と言っていました。

クリストファー・ロビンとラビットはイーヨーの前を急いで通り過ぎて、前方のみんなに呼びかけていました。

「大丈夫、ルー、すぐ来るから。」クリストファー・ロビンは叫びました。

「誰か、下の方で小川に何か架けてくれ。」ラビットは叫びました。

【原文】

Everybody was doing something to help. Piglet, wide awake suddenly, was jumping up and down and making “Oo, I say” noises;

Owl was explaining that in a case of Sudden and Temporary Immersion the Important Thing was to keep the Head Above Water;

Kanga was jumping along the bank, saying “Are you sure you're all right, Roo dear?” to which Roo, from whatever pool he was in at the moment, was answering “Look at me swimming!”

Eeyore had turned round and hung his tail over the first pool into which Roo fell, and with his back to the accident was grumbling quietly to himself, and saying, “All this washing; but catch on to my tail, little Roo, and you'll be all right”;

and,Christopher Robin and Rabbit came hurrying past Eeyore, and were calling out to the others in front of them.

“All right, Roo, I'm coming,” called Christopher Robin.

“Get something across the stream lower down, some of you fellows,” called Rabbit.