Ch.7-4 やあ、ルー、君かわいいね

第7章 カンガとベイビー・ルーのお話

ベイビー・ルーがいなくなったことを、カンガに気付かれないように、ピグレットが身代わりになります...

 

(4)

そういうことで、みんなはカンガを探しに出かけました。

カンガとルーは森の砂のある場所で静かな午後を過ごしていました。

ベイビー・ルーは砂場で小さなジャンプの練習をしていました。

ネズミの穴に落ちたり、這い出たり、カンガはそわそわして、「あと1回だけよ。帰りますからね。」と言いました。

そんな時、丘をドスンドスンとやって来たのは他ならぬプーでした。

“Good afternoon, Kanga.”
「こんにちわ、カンガ。」

“Good afternoon, Pooh.”
「こんにちわ、プー。」

“Look at me jumping,” squeaked Roo, and fell into another mouse-hole.
「ボクのジャンプ見てよ。」ルーはキーキー声で言うと、また別のネズミの穴に落ちました。

【英語の勉強】知覚動詞→

“Hallo, Roo, my little fellow!”
「やあ、ルー、可愛いね。」

“We were just going home,” said Kanga. “Good afternoon, Rabbit. Good afternoon, Piglet.”
「ちょうど家に帰ろうとしていたの。こんにちわ、ラビット。こんにちわ、ピグレット。」カンガは言いました。

丘の反対側を登ってきたばかりのラビットとピグレットは言いました。

「こんにちわ。」そして、「やあ、ルー。」ルーは彼らにジャンプを見てと頼んだので、彼らはそこで見ていました。

そしてカンガも見ようと・・・

“Oh, Kanga,” said Pooh, after Rabbit had winked at him twice, “I don’t know if you are interested in Poetry at all?”
「おお、カンガ、」ラビットが2度ウインクをした後、プーは言いました。「君は詩に興味があるかどうかわからないんだけど。」

【英語の勉強】間接疑問文→

“Hardly at all,” said Kanga.
「ほとんど興味ない。」カンガは言いました。

hardly : ”ほとんど~ない。 at all はその強調

“Oh!” said Pooh.
「おう!」プーは言いました。

“Roo, dear, just one more jump and then we must go home.”
「ルー、ジャンプはあと1回だけよ。そしたら、家に帰るのよ。」

ルーがもう一度ネズミの穴に落ちると短い沈黙がありました。

“Go on,” said Rabbit in a loud whisper behind his paw.
「続けて、」ラビットは手の背後で大きなささやき声で言いました。

“Talking of Poetry,” said Pooh, “I made up a little piece as I was coming along. It went like this. Er ー now let me see ー”
「詩と言えば、来る途中で1つ作ったんだよ。こんな感じの。えー えーっとー」プーは言いました。

“Fancy!” said Kanga. “Now Roo, dear ー”
「すばらしい!さあ、ルー。」カンガは言いました。

“You’ll like this piece of poetry,” said Rabbit.
「きっとこの詩が気に入るよ。」ラビットは言いました。

“You’ll love it,” said Piglet.
「とても気にいるよ。」ピグレットは言いました。

“You must listen very carefully,” said Rabbit.
「よーく聞いてよ。」ラビットは言いました。

“So as not to miss any of it,” said Piglet.
「何一つ聞き漏らさないように。」ピグレットは言いました。

so as not to : ~しないように

“Oh, yes,” said Kanga, but she still looked at Baby Roo.
「そうね。」カンガは言いました。でも彼女はまだベイビー・ルーを見ていました。

「どんな詩だったっけ、プー?」ラビットは言いました。

プーは少し咳をして始めました。

’頭のないクマによって書かれた詩’

月曜日、太陽が暑いとき、(hot)
いろんな事を考える (lot)
「本当だろうか、それとも違うのか。」 (not)
「どれが何で、何がどれか。」 (what)

火曜日、あられや雪が降ると、 (snows)
こんな思いが増してくる (grows)
ほとんど誰も知らないこと (knows)
あれがこれで、これがあれなの? (those)

水曜日、空が青く (blue)
何もすることがないと (do)
時々本当かしらと思う (true)
何が誰で、誰が何か (who)

木曜日、凍り始めると (freeze)
霜が木の上で輝く (trees)
何と容易に人は理解するのだろう (sees)
誰のがこれのでーでも、これのが誰のか (these)

金曜ー

“Yes, it is, isn’t it?” said Kanga, not waiting to hear what happened on Friday. “Just one more jump, Roo, dear, and we really must be going.”
「そうよね。」カンガは金曜日はどうなるのか聞こうともせずに、言いました。「ジャンプはもう1回よ、ルー。ホントに帰らなきゃならないの。」

ラビットはプーを急がせるように肘でつつきました。

“Talking of Poetry,” said Pooh quickly, “have you ever noticed that tree right over there?”
「詩と言えば、向こうのあの木に気付いた?」素早くプーは言いました。

talking of ~ : ~といえば

“Where?” said Kanga. “Now, Roo ー “
「どこ?さあ、ルー」カンガは言いました。

“Right over there,” said Pooh, pointing behind Kanga’s back.
「向こう。」プーはカンガの背中の後ろを指差しながら、言いました。

“No,” said Kanga. “Now jump in, Roo, dear, and we’ll go home.”
「いいえ、」カンガは言いました。「さあ、ジャンプして、ルー、帰るわよ。」

“You ought to look at that tree right over there,” said Rabbit. “Shall I lift you in, Roo?” And he picked up Roo in his paws.
「向こうのあの木を見るべきだよ。」ラビットは言いました。「君をかかえてあげようか、ルー」彼は手でルーをかかえました。

ought to : ~すべきだ
Shall I ~? : ~しましょうか?

“I can see a bird in it from here,” said Pooh. “Or is it a fish?”
「ここから木に鳥が見える、魚かな?」プーは言いました。

“You ought to see that bird from here,” said Rabbit. “Unless it’s a fish.”
「ここからあの鳥を見るべきだよ。魚じゃなければ。」ラビットは言いました。

unless : もし~でなければ

“It isn’t a fish, it’s a bird,” said Piglet.
「魚じゃないよ、鳥だよ。」ピグレットは言いました。

“Is it a starling or a blackbird?” said Pooh.
「ムクドリかな、クロウタドリかな?」プーは言いました。

“That’s the whole question,” said Rabbit. “Is it a blackbird or a starling?”
「それが問題のすべてだ。クロウタドリなのか、ムクドリなのか?」ラビットは言いました。

 

続きを読む→
←前に戻る
最初に戻る

 

 

 

 

 

  1. プーさんのやさしい英会話

    最初に来たのは、棒きれではなくイーヨーでした
  2. プーさんのやさしい英会話

    クリストファー・ロビンの家の玄関にあった不思議なメモ
  3. やさしい英文法

    副詞の種類
  4. やさしい英文法

    人称代名詞
  5. やさしい英文法

    私もそうです。
PAGE TOP