Ch.6-6 小さな湿ったぼろ布、それは割れた風船でした

第6章 イーヨーの誕生日にプレゼントを貰うお話(6)

前回のあらすじ
アウルに何かわからない「誕生日おめでとう」をツボに書いてもらったプーは、「何でも入るツボ」として、イーヨーのプレゼントにしました。一方、ピグレットは風船を抱えて、急いでいると、ラビットの穴につまずいて、転んでしまい、風船は割れてしまいました。

 

(6)

ピグレットは何が起こったのかと思い、横になっていました。

最初彼は世界が吹っ飛んだのかと思いました。

それから、おそらく森の一部が吹っ飛んだのだろうと思いました。

それから、おそらく自分だけが吹っ飛んだのだと思いました。

そして彼は今、月かどこかで一人ぼっちで、二度とクリストファー・ロビンやプーやイーヨーに会えないと思っていました。

【原文】

Piglet lay there, wondering what had happened.

At first he thought that the whole world had blown up;

and then he thought that perhaps only the Forest part of it had;

and then he thought that perhaps only he had,

and he was now alone in the moon or somewhere, and would never see Christopher Robin or Pooh or Eeyore again.

And then he thought, "Well, even if I'm in the moon, I needn't be face downwards all the time," so he got cautiously up and looked about him.
それから彼は思った。「さて、たとえ月にいたとしても、いつも顔を下に向ける必要もないな。」そして、彼は注意して起き上がり、周りを見ました。

注)even if : たとえ~だとしても
注)cautiously : 注意深く、用心して

He was still in the Forest!
彼はまだ森の中にいました!

"Well, that's funny," he thought. "I wonder what that bang was. I couldn't have made such a noise just falling down. And where's my balloon? And what's that small piece of damp rag doing?"
「あれっ、おかしい。」彼は思いました。「あのバンは何だったんだ。転んだだけであんな音は立てられない。ぼくの風船はどこだ。あの小さな湿ったぼろ布はなんだろう。」

注)that's funny :おかしい
注)I wonder what that bang was :あのバンは何だったのだろう

It was the balloon!
それは風船でした!

"Oh, dear!" said Piglet. "Oh, dear, oh, dearie, dearie, dear! Well, it's too late now. I can't go back, and I haven't another balloon, and perhaps Eeyore doesn't like balloons so very much.
あれ!まあ、やれ、ほれ、まあ!もう手遅れだ。戻れないし、別の風船もない。たぶんイーヨーは風船はあんまり好きじゃないかも。」ピグレットは言いました。

注)Oh, dear :あれ、まあ
注)it's too late : 遅すぎる、手遅れだ

So he trotted on, rather sadly now,
それで、彼はかなり悲しそうに小走りに走りました。

and down he came to the side of the stream where Eeyore was, and called out to him.
小川の側までくるとそこにイーヨーがいて、彼に呼びかけました。

"Good morning, Eeyore," shouted Piglet.
「おはよう、イーヨー。」ピグレットは叫びました。

"Good morning, Little Piglet," said Eeyore. "If it is a good morning," he said. "Which I doubt," said he. "Not that it matters," he said.
「おはよう、ピグレット。」イーヨーは言った。「もし、いい朝ならね。ボクはどうかなと思ってるけど、それは問題じゃないね。」彼は言いました。

注)Which I doubt : それは(=いい朝かどうか)疑わしい

"Many happy returns of the day," said Piglet, having now got closer.
「誕生日おめでとう」もっと近づいて、ピグレットは言った。

Eeyore stopped looking at himself in the stream, and turned to stare at Piglet.
イーヨーは川面に自分を映すのをやめて、向きをかえて、ピグレットをじっと見ました。

"Just say that again," he said."
「もう一度言って。」かれは言いました。

"Many hap ー"
「誕生ー」

"Wait a moment."
ちょっと待って。」

Balancing on three legs, he began to bring his fourth leg very cautiously up to his ear.
3本の足でバランスを取り、4本目の足を注意深く耳にあてました。

"I did this yesterday," he explained, as he fell down for the third time. "It's quite easy. It's so as I can hear better....There, that's done it! Now then, what were you saying?" He pushed his ear forward with his hoof.
「昨日はできたんだ。」彼は3度たおれて、説明した。「簡単さ。よく聞こえるように・・・ほら、できた! さあ何て言ったんだい?」彼はヒズメで耳を前に押した。

注)got closer :もっと近づいて
注)Wait a moment :ちょっと待って
注)explain : 説明する
注)so as I can hear better : もっとよく聞こえるように
注)hoof : ヒズメ