Ch.6-5 誕生日おめでとう、プーより愛をこめて

第6章 イーヨーの誕生日にプレゼントを貰うお話(5)

前回のあらすじ
「ハチミツ」のツボを抱えて、歩き出したプーはおやつの時間だと気づいて、「ハチミツ」を食べてしまいました。空になったツボをプレゼントするために、プーはアウルの家に行って、「誕生日おめでとう」と書いてもらうことにしました。

 

(5)

Well, he washed the pot out, and dried it,
さて、彼はツボを洗って、乾かしました。

while Owl licked the end of his pencil, and wondered how to spell "birthday."
一方、アウルは鉛筆の先を舐めて、「誕生日」のつづりを考えていました。

"Can you read, Pooh?" he asked, a little anxiously. "There's a notice about knocking and ringing outside my door, which Christofer Robin wrote. Could you read it?"
「プー、読める?」彼は少し心配になって尋ねた。「ドアの外にノックとベルの注意書きがあるだろ?あれはクリストファー・ロビンが書いたんだ。読めた?」

"Christofer Robin told me what it said, and then I could."
「クリストファー・ロビンが何て書いてあるか教えてくれたんで読めるよ。」

"Well, I'll tell you what this says, and then you'll be able to."
「じゃあ、これが何て書いてあるか教えるから、読めるよね。」

So Owl wrote . . . and this is what he wrote:
そして、アウルは書きました・・・彼が書いたのはこれです。

HIPY PAPY BTHUTHDTH THUTHDA BTHUTHDY.

Pooh looked on admiringly.
プーはすごいと思いながら、見ました。

"I'm just saying 'A Happy Birthday,'" said Owl carelessly.
「’誕生日おめでとう’って書いてるんだ。」アウルはさりげなく言いました。

"It's a nice long one," said Pooh, very much impressed by it.
「素敵な長いものだね。」プーはそれにとても感動して言いました。

注)a little anxiously :少し心配になって
注)notice :注意書き
注意書きbe able to :~できる
注)carelessly :さりげなく
注)very much impressed by it : その長い文字にとても感動して

"Well, actually, of course, I'm saying 'A Very Happy Birthday with love from Pooh.' Naturally it takes a good deal of pencil to say a long thing like that."
「えーっと、実際は、『誕生日おめでとう、ぷーより愛をこめて』と書いてるんだ。当然こんなに長い文だと鉛筆もたくさん使うよ。」

"Oh, I see," said Pooh.
「わかるよ。」プーは言いました。

こうこうしているうちに、ピグレットはイーヨーにあげる風船を取りに自分の家に戻りました。

彼は風船が飛んで行かないように、しっかりと握り、プーよりも早くイーヨーのところに行こうと出来る限り速く走りました。

というのは、人から言われたからではなく、自分で思い付いたように、プレゼントを最初に渡したかったからでした。

走っている途中、イーヨーがどんなに喜ぶだろうかと考えていたので、前を見ていませんでした。

そして突然、足がラビットの穴に引っかかり、顔から転んでしまいました。

ばん!!!???***!!!

【原文】

While all this was happening, Piglet had gone back to his own house to get Eeyore's balloon.

He held it very tightly against himself, so that it shouldn't blow away, and he ran as fast as he could so as to get to Eeyore before Pooh did;

for he thought that he would like to be the first one to give a present, just as if he had thought of it without being told by anybody.

And running along, and thinking how pleased Eeyore would be, he didn't look where he was going...

and suddenly he put his foot in a rabbit hole, and fell down flat on his face.

BANG!!!???***!!!

注)actually :実際は
注)naturally :当然