Ch.5-5 チェッ!ヘファランプが食べてしまってる

第5章 ピグレットがヘファランプに遭遇するお話(5)

前回のあらすじ
「ハチミツ」を取りに家に帰ったプーさんは、「ハチミツ」と書いてある「ツボ」を取り出しますが、本当にハチミツかどうかを確かめるために、さらに底のほうに「チーズ」が入っていないか確かめようと、「ハチミツ」をほとんど食べてしまました。

 

(5)

ピグレットは TRESPASSERS W の自分の家に向い、プーは寝る準備をしました。

数時間後、夜がふけ始めると、プーは突然沈み込むような感じで目を覚ましました。

以前にもこういう感じを持ったことがありました。

彼はそれがどういう意味か分かっていました。

つまり、腹が減ってるってことです。

そこで彼は戸棚に行き、椅子に乗って、1番上の棚に手を伸ばしました。

でもー何もありませんでした。

【原文】

And off Piglet trotted to his house TRESPASSERS W, while Pooh made his preparations for bed.

Some hours later, just as the night was beginning to steal away, Pooh woke up suddenly with a sinking feeling.

He had had that sinking feeling before,

and he knew what it meant.

He was hungry.

So he went to the larder, and he stood on a chair and reached up to the top shelf,

and found—nothing.

"That's funny," he thought. "I know I had a jar of honey there. A full jar, full of honey right up to the top, and it had HUNNY written on it, so that I should know it was honey. That's very funny."

「おかしい。ハチミツのツボがあったはずなのに。ハチミツが一番上までいっぱい入っていて、ハチミツだとわかるように『ハチミツ』って書いておいた。おかしい。」

TRESPASSERS W とは?
「TRESPASSERS Will be PROSECUTED(侵入者は罰せられます)」という立て看板のことです。つまり「進入禁止」の立て看板。ピグレットの家にはこの立て看板の切れ端がありました。

注)right up to the top :一番上まで
注)so that ~ should :~するように

And then he began to wander up and down, wondering where it was and murmuring a murmur to himself.
それから彼は行ったり来たりしながら、どこに行ったのだろうとぶつぶつひとり言を言いました。

Like this:
こんなふうに:

It's very, very funny,
とてもおかしい

'Cos I know I had some honey
ハチミツがあったのは知っている

'Cos it had a label on,
なぜなら、ラベルを貼っていたから

Saying HUNNY
HUNNY と書いて

A goloptious full-up pot too,
たっぷりいっぱい入ったツボ

And I don't know where it's got to,
どこにあるのかわからない

No, I don't know where it's gone ー
どこに行ったのかわからない

Well, it's funny.
おかしい

Saying HUNNY ?
「文字で~と書いてある」と表現するするときに、say を使います。Saying HUNNY とは「HUNNY と書いてある」という意味です。

注)goloptious full-up :素晴らしいほどいっぱい入った

彼は歌うような調子で、3回つぶやきました。

その時、突然思い出しました。

ヘファランプを捕まえるために巧妙な罠の中に置いてきたんだ。

「チェッ!ヘファランプに親切にしようとしたからこうなったんだ。」彼はベッドに戻りました。

でも眠れませんでした。

眠ろうとすればするほど、眠れません

彼は羊を数えてみました。

眠るのにいい方法なのです。

役にたたなかったので、ヘファランプを数えてみました。

ますます悪くなりました。

彼が数えたヘファランプがプーのハチミツのツボの所へ行き、全部食べているのです。

しばらく彼は惨めに横になっていましたが、587番目のヘファランプがツボを舐めて、「これはおいしい。これよりおいしいのは食べたことがない。」と言ったとき、プーはもう我慢できませんでした。

彼はベッドから飛び起きて、走って家を出て、まっすぐ6本の松の木の所へ行きました。

【原文】

He had murmured this to himself three times in a singing sort of way,

when suddenly he remembered.

He had put it into the Cunning Trap to catch the Heffalump.

“Bother!” said Pooh. “It all comes of trying to be kind to Heffalumps.” And he got back into bed.

But he couldn't sleep.

The more he tried to sleep, the more he couldn't.

He tried Counting Sheep,

which is sometimes a good way of getting to sleep,

and, as that was no good, he tried counting Heffalumps.

And that was worse.

Because every Heffalump that he counted was making straight for a pot of Pooh's honey, and eating it all.

For some minutes he lay there miserably, but when the five hundred and eighty-seventh Heffalump was licking its jaws, and saying to itself, “Very good honey this, I don't know when I've tasted better,” Pooh could bear it no longer.

He jumped out of bed, he ran out of the house, and he ran straight to the Six Pine Trees.

眠ろうとすればするほど、眠れません
「~すればするほど、それだけますます~だ」という表現は、The 比較級, the 比較級 の形を使います。

彼は眠ろうとすればするほど、眠れなかった。

The more he tried to sleep, the more he couldn't.

お日様はまだ眠っていました。

しかし、100エーカーの森の空は明るく、

目を覚まして服を脱ぎ捨てようとしているように見えました。

薄明かりの中で、松の木は冷たく孤独に見えました。

とても深い穴は実際より深く見えました。

底にあるプーのハチミツのツボはどこか神秘的で、ツボにはみえません。

しかし、近づいていくと、彼の鼻が確かにハチミツだと教えてくれました。

そして、舌を出して、口を舐めて、ハチミツを食べる準備ができました。

「チェッ!」プーは鼻をツボの中に入れた時、言いました。

「ヘファランプが食べている。」

彼は少し考えて、言いました。

「違う、ボクだった。忘れてた。」

実際、彼は大部分を食べてしまっていました。

しかし、ツボの1番下に少しだけ残っていたのを、彼は頭を突っ込んで舐め始めました。

【原文】

The Sun was still in bed, but there was a lightness in the sky over the Hundred Acre Wood which seemed to show that it was waking up and would soon be kicking off the clothes.

In the half-light the Pine Trees looked cold and lonely,

and the Very Deep Pit seemed deeper than it was, and Pooh's jar of honey at the bottom was something mysterious, a shape and no more.

But as he got nearer lo it his nose told him that it was indeed honey,

and his tongue came out and began to polish up his mouth, ready for it.

“Bother!” said Pooh, as he got his nose inside the jar.

“A Heffalump has been eating it!”

And then he thought a little and said,

“Oh, no, I did. I forgot.”

Indeed, he had eaten most of it.

But there was a little left at the very bottom of the jar, and he pushed his head right in, and began to lick....

やがて、ピグレットも目を覚まして、起きるや否や、「おっ!」と言いました。

それから勇敢に、「そうだった。」と言って、さらに勇敢に、「ほんとにそうだった。」と言いました。

しかし、彼はあまり勇敢だとは思いませんでした。

というのは、彼の頭を巡らしていた言葉は、「ヘファランプ」だったのです。

ヘファランプってどんなやつだろう?
獰猛だろうか?
口笛を吹いたら来るのかな?
どんなふうに来るんだろう?
ブタが好物だろうか?
もしブタが好物なら、ブタの種類で違いがあるだろうか?
ブタに獰猛だとしたら、TRESPASSERS WILLIAM というおじいちゃんを持っているかで違いがあるだろうか?

これらの疑問に対する答えは分かりませんでした。

そして今から約1時間後には、最初のへファランプに会うことになっていました。

【原文】

By and by Piglet woke up. As soon as he woke he said to himself, “Oh!”

Then he said bravely, “Yes,” and then, still more bravely, “Quite so.”

But he didn't feel very brave,

for the word which was really jiggeting about in his brain was “Heffalumps.”

What was a Heffalump like?

Was it Fierce?

Did it come when you whistled?

And how did it come?

Was it Fond of Pigs at all?

If it was Fond of Pigs, did it make any difference what sort of Pig?

Supposing it was Fierce with Pigs, would it make any difference if the Pig had a grandfather called TRESPASSERS WILLIAM?

He didn't know the answer to any of these questions...

and he was going to see his first Heffalump in about an hour from now!

TRESPASSERS WILLIAM ?
ピグレットの家には「TRESPASSERS W」と書いてある板切れがあります。ピグレットはそれを「TRESPASSERS WILLIAM」という名のおじいちゃんだと思っています。