Ch.5-2 罠を仕掛けるんだ

第5章 ピグレットがヘファランプに遭遇するお話(2)

前回のあらすじ
ある日クリストファー・ロビンが、ヘファランプを見たとプーとピグレットに話します。プーとピグレットはヘファランプを見たことがあるようなふりをして、話しに参加していました。その帰り道、プーとピグレットはヘファランプを捕まえることにしました。

 

(2)

こう言うと、プーは数回頷いて、ピグレットがこう言ってくれるのを待ちました。

「どうやって?」あるいは、「プー、できっこない!」

あるいは、そのような何か救いになるようなことを・・・

でも、ピグレットは何も言いませんでした。

実は、ピグレットもそのことを最初に思い付いていたらなあと考えていたのです。

【原文】
Pooh nodded his head several times as he said this, and waited for Piglet to say "How?" or "Pooh, you couldn't!" or something helpful of that sort, but Piglet said nothing. The fact was Piglet was wishing that he had thought about it first.

"I shall do it," said Pooh, after waiting a little longer, "by means of a trap. And it must be a Cunning Trap, so you will have to help me, Piglet."
「絶対やるよ。」プーは少し長く待って言いました。「罠を仕掛けるんだ。それは巧妙な罠でなければならない。だから、ピグレット、君も手伝うんだよ。」と、言いました。

"Pooh," said Piglet, feeling quite happy again now, "I will." And then he said, "How shall we do it?",
「プー。」再びとてもうれしくなって、ピグレットは言いました。「ボクもやるよ。どんなふうにしようか。」

and Pooh said, "That's just it. How?" And then they sat down together to think it out.
そしてプーは言いました。「まさしくそれだ。どうやって。」それから彼らは一緒に座って考えました。

Pooh's first idea was that they should dig a Very Deep Pit, and then the Heffalump would come along and fall into the Pit, and ー
プーの最初の考えは、とても深い穴を掘って、ヘファランプがやって来て、穴に落ちる、そしてー

"Why?" said Piglet.
「なぜ?」ピグレットが言いました。

"Why what?" said Pooh.
「何がなぜ?」プーが言いました。

"Why would he fall in?"
「なぜ彼は落ちるの?」

注)shall : 必ずやる (強い決意)
注)by means of ~ : ~を使って、~を用いて
注)Cunning Trap : 巧妙な罠

must と have to ?
must は強制に近い直接的な指示で「~しなければならない」という意味です。

have to は「~すべきことを持っている」という外的な要因で必要に迫られているというニュアンスです。

注)That's just it :まさしくそれだ

プーは手で鼻をこすり、ヘファランプがハミングしながら歩いていて、雨かなと思って、空を見上げて、とても深い穴が見えてなくて、気付いた時は半分ほど落ちて、そうなればもう手遅れさ、と言いました。

ピグレットは、それはいい罠だけど、雨が降っていたらどうするの、と言いました。

プーは再び鼻をこすり、そのことは考えていなかったと言いました。

それから気を取り直して、もし雨が降っていたら、ヘファランプは空を見上げて、晴れるかなと思うだろう。

それでとても深い穴が見えてなくて、気付いた時は半分ほど落ちて、そうなればもう手遅れさ、と言いました。

【原文】
Pooh rubbed his nose with his paw, and said that the Heffalump might be walking along, humming a little song, and looking up at the sky, wondering if it would rain, and so he wouldn't see the Very Deep Pit until he was half-way down, when it would be too late.

Piglet said that this was a very good Trap, but supposing it were raining already?

Pooh rubbed his nose again, and said that he hadn't thought of that.

And then he brightened up, and said that, if it were raining already, the Heffalump would be looking at the sky wondering if it would clear up,

and so he wouldn't see the Very Deep Pit until he was half-way down.... When it would be too late.

この点は説明がついたので、それは巧妙な罠だと思う、とピグレットは言いました。

プーはこれを聞いて、とても誇りに思いました。

そしてヘファランプは捕まえたも同然という気になりました。

しかし、もう1つ考えておかなければならないことがありました。それはこうです。

どこにとても深い穴を掘るべきか?

ピグレットは一番いいのはヘファランプがいるところだ、落ちるすぐ前、1フィート離れたところ、と言いました。

【原文】
Piglet said that, now that this point had been explained, he thought it was a Cunning Trap.

Pooh was very proud when he heard this,

and he felt that the Heffalump was as good as caught already,

but there was just one other thing which had to be thought about, and it was this.

Where should they dig the Very Deep Pit?

Piglet said that the best place would be somewhere where a Heffalump was, just before he fell into it, only about a foot farther on.

"But then he would see us digging it," said Pooh.
「でもそれではボクらが穴を掘っている所を彼が見るよ。」プーは言いました。

"Not if he was looking at the sky."
「彼が空を見ていたら見ないさ。」

"He would Suspect," said Pooh, "if he happened to look down."
「疑うよ、たまたま下を見た時に。」と、プーは言いました。

注)see 目的~ing : ~が~しているのを見る

注)suspect : (きっとそうだと)疑う
注)happened to ~ : たまたま~する

He thought for a long time and then added sadly,
彼は長いこと考えて、悲しそうに付け加えました。

"It isn't as easy as I thought. I suppose that's why Heffalumps hardly ever get caught."
「思ったほど簡単じゃない。それがフェファランプがなかなか捕まらない理由だね。」

"That must be it," said Piglet.
「そうにちがいない。」ピグレットは言いました。

注)not as ~ as ~ :~ほど~ない
注)suppose :思う
注)hardly ever : なかなか~しない
注)get caught :捕まる
注)must :~にちがいない