Ch.3-1 プー、ウ、ウ、ウーズルだと思うかい?

第3章 プーがウーズルを捕まえようとするお話(1)

前回のあらすじ
この章は、プーとピグレットが「あやしい足あと」を追って、「ウーズル」を捕まえそうになるお話してす。

 

(1)

ピグレットはブナの木の立派な家に住んでいました。

ブナの木は森の中央にあり、ピグレットはその家の真ん中で暮らしていました。

家の隣には割れた板があり、「TRESPASSERS W」と書かれています。

クリストファー・ロビンがピグレットにどういう意味か聞くと、おじいちゃんの名前で、ずっと昔一緒に住んでいたと言いました。

クリストファー・ロビンは TRESPASSERS W のはずがないと言うと、ピグレットはそうだよ、おじいちゃんはそうだったんだから、TRESPASSERS Will を短くしたんだ。

もとは TRESPASSERS William さ。

おじいちゃんは失くしたらいけないので2つ名前を持っていたんだ。

おじさんから TRESPASSERS をもらって、TRESPASSERS から William をもらったのだ、と言いました。

【原文】
THE PIGLET lived in a very grand house in the middle of a beech-tree, and the beech-tree was in the middle of the forest, and the Piglet lived in the middle of the house. Next to his house was a piece of broken board which had: "TRESPASSERS W" on it.
When Christofer Robin asked the Piglet what it meant, he said it was his grandfather's name, and had been in the family for a long time. Christofer Robin said you couldn't be called Trespassers W, and Piglet said yes, you could, because his grandfather was, and it was short for Trespassers Will, which was short for Trespassers William. And his grandfather had had two names in case he lost one ー Trespsssers after an uncle, and William after Trespassers.

TRESPASSERS W とは?
「TRESPASSERS Will be PROSECUTED(侵入者は罰せられます)」という立て看板のことです。つまり「進入禁止」の立て看板。

"I've got two names," said Christofer Robin carelessly.
「ボクも2つ名前を持ってるよ。」クリストファー・ロビンは無造作に言いました。

"Well, there you are, that proves it," said Piglet.
「思った通りだそれが証拠だね。」とピグレットは言いました。

注)have got = have (持っている)

注)there you are : 思った通りだ
注)prove : 証明する

ある冬の日、ピグレットが家の前で雪かきをしていると・・・

ふと見上げると、プーがいました。彼は何か他のことを考えながらぐるぐると回っています。

ピグレットが呼びかけても、彼は歩き続けています。

【原文】
One fine winter's day when Piglet was brushing away the snow in front of his house, he happened to look up, and there was Winnie-the-Pooh. Pooh was walking round and round in a circle, thinking of something else, and when Piglet called him, he just went on walking.

"Hallo!" said Piglet, "What are you doing?"
「やあ、何してるの?」ピグレットは言いました。

"Hunting," said Pooh.
「狩りだよ。」と、プー。

"Hunting what?"
「何を?」

"Tracking something," said Winnie-the-Pooh very mysteriously.
「何かを追ってるんだ。」プーさんはとても不思議そうに言いました。

注)hunting :狩り
注)track : 跡を追う
注)mysteriously :不思議そうに

"Tracking what?" said Piglet, coming closer.
「何を追ってるの?」ピグレットは近づきながら言いました。

"That's just what I ask myself. I ask myself, What?"
「まさにそれを自分にきいているんだ。何を追っているか?」

"What do you think you'll answer?"
「何て答えるつもりなの?」

"I shall have to wait until I catch up with it," said Winnie-the-Pooh. "Now, look there." He pointed to the ground in front of him. "What do you see there?"
「追いつくまで待たなくてはならない。」プーさんは言いました。「ほら、そこ見て。何が見える?」彼はすぐ前を指差しました。

"Tracks," said Piglet. "Paw-marks." He gave a little squeak of excitement. "Oh, Pooh! Do you think it's aーaーa Woozle?"
「足跡だ。」ピグレットは言って、少し興奮した声を上げました。「あっ!プー、ウ、ウ、ウーズルだと思うかい?」

注)catch up with :~に追いつく
注)point to :~を指さす
注)in front of :~のすぐ前の
注)a little squeak of excitement :少し興奮したかん高い声
注)Woozle : ウーズル(架空の動物)

"It may be," said Pooh. "Sometimes it is, and sometimes it isn't. You never can tell with paw-marks."
「そうかも知れない。そうであるときもあるし、そうでないときもある。足跡のことだから何とも言えない。」と、プーは言いました。

注)You never can tell with ~ : ~のことは何とも言えない(プーの口ぐせ)