Ch.2-6 プーはいつも、何事もなかったように去っていきます

第2章 食べすぎたプーさんが穴につまるお話(6)

前回のあらすじ
ラビットはクリストファー・ロビンを呼んできますが、穴に詰まったプーさんはどうにもなりません。クリストファー・ロビンは、結局、プーがやせるまで1週間、何も食べずにいるしかない、と結論を出します。

 

(6)

"You can stay here all right, silly old Bear. It's getting you out which is so difficult."
ちゃんとここにいなさい、バカなクマだな。キミを助け出すのはとても難しいんだよ。」

注)You can stay here all right : ちゃんとここにいなさい You can stay は軽い命令、 all right は「ちゃんと」

"We'll read to you," said Rabbit cheerfully. "And I hope it won't snow," he added.
「本を読んであげるよ雪が降らないといいね。」とラビットが明るく言いました。

"And I say, old fellow, you're taking up a good deal of room in my houseーdo you mind if I use your back legs as a towel-horse?
「それに、君は家の大半を占めているんだから、君の足をタオル掛けに使ってもいいかな?

Because, I mean, there they areーdoing nothingーand it would be very convenient just to hang the towels on them."
「だって、つまり、君の足は何もしないでそこにあるだけだから、タオル掛けるのにとても便利なんだ。」

注)cheerfully :明るく
注)add :付け加える
注)taking up a good deal of room :部屋の大半を占めている 注)I say : あのね
注)do you mind if ~ : ~しても構わない?
注)I mean : つまり 注)convenient :便利な

"A week!" said Pooh gloomily. "What about meals?"
「1週間!食事は?」プーは憂うつそうに言いました。

注)gloomily :ゆううつそうに
注)What about meals? : 食事はどうするの?

"I'm afraid no meals," said Christofer Robin, "because of getting thin quicker. But we will read to you."
「だめだと思うな。そのほうが早く痩せるから。でも本を読んであげるよ。」とクリストファー・ロビンは言いました。

注)I'm afraid : ~だと思う、心配している、後に「嫌なこと」を伝えるときに使います。
注)because of :~するため

Bear began to sigh, and then found he couldn't bacause he was so tightly stuck; and a tear rolled down his eye, as he said:
プーはため息をつこうとしたけど、しっかりと詰まっていたのでできないことが分かりました。そして、こう言った時、涙がこぼれました。

"Then would you read a Sustaining Book, such as would help and comfort a Wedged Bear in Great Tightness?"
「じゃあ、元気の出る本を読んでね?偉大な穴に詰まったクマを慰めてくれるような。」

注)sustaining :元気のでる
注)such as : ~のような、この場合の as は「関係代名詞」です。
注)comfort :慰める
注)wedged :割り込んだ(詰まった)
注)tightness :きちきちな状態

それで、クリストファー・ロビンは1週間、プーの北側でそのような本を読んであげました。

そしてラビットは、南側で洗濯物を干しました。

そしてその間、プーはだんだん痩せていくのを感じました。

そして1週間が過ぎて、クリストファー・ロビンは、「今だ!」と言いました。

彼はプーの前足をつかみ、ラビットはクリストファー・ロビンをつかみました。

そしてラビットの友達や親戚がラビットをつかみ、みんなで一緒に引っ張りました。

長い間プーは「おっ!おっ!」とだけ言って、突然、彼はまるでコルク栓がビンから抜けるように、「ポン!」と言いました。

そして、クリストファー・ロビンとラビットとその友達や親戚は後ろにひっくり返り、プーがその上に ー 抜けた! そして、友達に感謝の頷きをして、森を誇らしげにハミングしながら、歩いて立ち去りました。

(プーはいつも、何事もなかったように去っていきます。)

でも、クリストファー・ロビンは彼の後姿を見ながら、「バカなクマだな。」と思いました。

【原文】
So for a week Christofer Robin read that sort of book at the North end of Pooh,
and Rabbit hung his washing on the South end . . .
and in between Bear felt himself getting slenderer and slenderer.
And at the end of the week Christofer Robin said,"Now!"
So he took hold of Pooh's front paws and Rabbit took hold of Christofer Robin,
and all Rabbit's friends and relations took hold of Rabbit, and they all pulled together. . . .
And for a long time Pooh only said "Ow!" . . .
And "Oh!" . . .
And then, all of a sudden, he said "Pop!" just as if a cork were coming out of a bottle.
And Christofer Robin and Rabbit and all Rabbit's friends and relations went head-over-heals backwards . . . and top of them came Winnie-the-Pooh ー free!
So, with a nod of thanks to his friends, he went on with his walk through the forest, humming proudly to himself. But, Christofer Robin looked after him lovingly, and said to himself, "Silly old Bear!"

 

~終わり~