Ch.2-4 つまり、食べ過ぎってことだな

第2章 食べすぎたプーさんが穴につまるお話

ラビットの家で大好物のハチミツやコンデンスミルクをごちそうになったプーさんは少し太ってしまいました...

 

(4)

さて、この頃までにはラビットも散歩に出かけたくなりました。

でも、玄関が詰まっているのを見て、裏口から出てプーさんのところへ回って、彼を見ました。

“Hallo, are you stuck?” he said.
「やあ、詰まったの?」

stuck : stick(くっつく)の過去分詞、「動かない状態」

“N-no,” said Pooh carelessly. “Just resting and thinking and humming to myself.”
「い、いや、ただ休んで考えたり、ハミングしてたんだ。」と、プーは気にすることなく言いました。

“Here, give us a paw.”
「さあ、手を貸して。」

give us a paw : (通常、命令文で)手を貸して お互いのことなので us となっています。

プーは手を伸ばして、ラビットは引っ張って、引っ張って・・・

“Ow!” cried Pooh. “You’re hurting!”
「アゥ、痛いよ!」プーは叫びました。

The fact is,” said Rabbit, “you’re stuck.”
本当は、詰まってるんだね。」ラビットは言いました。

The fact is : 本当は、実は

It all comes,” said Pooh crossly, “of not having front doors big enough.”
つまり、玄関が狭すぎたってことさ。」

It all comes of ~ : ~が原因でこうなっている

“It all comes,” said Rabbit sternly, “of eating too much. I thought at the time,” said Rabbit, “that one of us was eating too much,” said Rabbit, “and I knew it wasn’t me,” he said. “Well, well, I shall go and fetch Christofer Robin.”
「つまり、食べ過ぎってことだな。あの時思ったんだ。どちらかが食べ過ぎてるって。ボクじゃないってことは分かってた。やれやれ、クリストファー・ロビンを呼んでこよう。」と、ラビットは厳しく言いました。

sternly : 厳格に、厳しく、断固として go and fetch : 行って~を連れてくる

 

続きを読む→
←前に戻る
最初に戻る

 

 

 

 

 

  1. プーさんのやさしい英会話

    ティガーが初めて登場する場面です。
  2. プーさんのやさしい英会話

    プーさんが教えてくれた教訓
  3. プーさんのやさしい英会話

    『プー棒』で遊ぼうよ。
  4. プーさんのやさしい英会話

    怖がりピグレットがここでも・・・
  5. やさしい英文法

    付加疑問文・間接疑問文
PAGE TOP