Ch.2-2 家に誰も入れてはいけないんだよ

第2章 食べすぎたプーさんが穴につまるお話(2)

前回のあらすじ
疑い深いラビットは、近頃森もぶっそうになったという理由で、ぷーさんをなかなか家に入れません...

 

(2)

"He has gone to see his friend Pooh Bear, who is a great friend of his."

「彼は友達のプーのところに行ってるよ。とても仲良しなんだ。」

注)have gone : ~に行って、今ここにいない

"But this is Me!" said Bear, very much surprised.
「でも、ボクはここだよ。」と、とても驚いてプーは言いました。

"What sort of Me?"
「どんなボク?」

"Pooh Bear."
「プーだよ。」

"Are you sure?" said Rabbit, still more surprised.
「ほんと?」さらに驚いてラビットが言いました。

"Quite,quite sure," said Pooh.
「ほんとに、ほんとだよ。」と、プー。

"Oh, well, then, come in."
「ああ、それじゃあ、入って。」

それで、プーさんは体を押して、押して、やっとのことでラビットの住む穴の中に入って行きました。

"You were quite right," said Rabbit, looking at him all over. "It is you. Glad to see you."
「君の言う通りだったね。君だね。会えて嬉しいよ。」とラビットはプーを上から下まで見ながら言いました。

"Who did you think it was?"
「誰だと思ったの?」

注)間接疑問文 Did you think? + Who was it? Did you think? が Yes/No では答えられない疑問文なので Did you think who it was? とはならず、Who did you think it was? と Who を先頭に出します。

"Well, I wasn't sure. You know how it is in the Forest. One can't have anybody coming into one's house. One has to be careful. What about a mouthful of something?"
「あの、よく分からなかったんだ。森がどんなふうかしってるだろう。家に誰も入れてはいけないんだよ。注意しなきゃ。何か食べる?」

注)やはり、森の中も物騒なのでしょうか。
one ー one's : 特定の人ではない誰か、所有格は one's となります。