Ch.1-3 でも、風船でハチミツは取れないよ

第1章 プーさんが風船でハチミツを取りに行くお話

「ハチミツ」を追いかけて、木のてっぺんまで登っていきますが、途中で枝が折れて、プーさんは真っ逆さまに落ちてしまいました。落ちた所が「ヤブ」の中でとても痛そうです。それでもプーさんはあきらめません。今度は・・・

 

~ 3 ~

プーさんはヤブから這い出て、鼻にささったトゲを払い、再び考えました。

彼が最初に思い付いたのはクリストファー・ロビンのことでした。

(「ボクだったの?」クリストファー・ロビンはかしこまって、信じられない様子で言いました。

「君だよ。」

クリストファー・ロビンは何も言わず、ただ目を大きくして、顔を赤くしていました。)

クリストファー・ロビンが初めて物語に登場して、本人がわくわくしています。

そういうことで、プーさんは友達のクリストファー・ロビンのところに行きました。彼は森の別の所に緑のドアの後ろに住んでいます。

Good morning, Christofer Robin,” he said.
「おはよう、クリストファー・ロビン」彼は言いました。

Good morning, Winnie-ther-Pooh,” said you.
「おはよう、ウィニー・ザ・プー」と、君が言います。

注)相手の名前をつけて挨拶する習慣を心がけましょう。今時の挨拶のほうがいいと思うなら、せめて Hi! と言われて Hi! と返す、Hello! と言われて Hello! と返すより Hi! と言われたら Hello! と違う表現で返すようにしましょう。みんな意識してそうしているみたいですよ。

I wonder if you’ve got such a thing as a balloon about you.”
風船のようなものを持ってないかしら。」

I wonder : ~かしら you’ve got : have got で「持っている( have )」の意味 such a thing as a balloon : 風船のようなもの about you : 自分の身のまわりに

“A balloon?”
「風船?」

“Yes, I just said to myself coming along: ‘I wonder if Christofer Robin has such a thing as a balloon about him?’ I just said it to myself, thinking of balloons, and wondering.”
「そう、ここに来ながら思ったんだ。『クリストファー・ロビンが風船か何か持ってるかなあ。』って。風船のことを思いついて、ちょっと思ったんだ。」

say to myself : 自分自身に言う、すなわち、(心の中で)思う coming along : ここに来ながら thinking of balloons : 風船のことを思いついて wondering : どうかなと思いながら
【英語の勉強】分詞構文→

What do you want a balloon for?” you said.
どうして風船が欲しいの?」と君が言いました。

注)What … for : 何のために、どうして

プーさんは誰も聞いていないことを確かめて、手を口にあてて、ささやき声で言いました。

“Honey!”
「ハチミツだよ。」

“But you don’t get honey with a balloon!”
「でも風船でハチミツは取れないよ。」

この with のことを、『道具の with 』といいます

“I do,” said Pooh.
「ボクなら取れるんだよ。」と、プーは言いました。

たまたま君は前の日に友達のピグレットの家であったパーティに出掛けていました。

そのとき君は大きな緑の風船をもらい、ラビットの親戚の一人が大きな青い風船をもらったのですが、その子はパーティに行くには幼すぎて、風船を忘れて帰り、その青い風船を君が家に持ち帰っていました。

Which one would you like?” you asked Pooh.
どっちの風船がいい?」君はプーに尋ねた。

彼は頭を両手でかかえて、注意深く考えました。

“It’s like this,” he said. “When you go after honey with a balloon, the great thing is not to let the bees know you’re coming.
「実はこういうことなんだ。風船で蜂蜜を追いかけるのに大事なことは、近づいていることをハチに気づかれないようにすることだよ。

Now, if you have a green balloon, they might think you were only part of the tree, and not notice you, and if you have a blue balloon, they might think you were only part of the sky, and not notice you, and the question is: Which is most likely?
もし緑の風船を持っていたら、ハチは木の一部だと思って気付かない。もし青い風船を持っていたら、ハチは空の一部だと思って気付かない。問題はどちらがそれらしくなるかだよ。」

might : ひょっとしたら~かもしれない

“Wouldn’t they notice you underneath the balloon?” you asked.
「ハチは風船の下にいる君には気づかないの?」と、君が尋ねると、

“They might or they might not,” said Winnie-the-Pooh. “You never can tell with bees.”
「気付くかもしれないし、気付かないかもしれない。ハチのことだから何とも言えない。」と、プーさんは言った。

注)You never can tell with ~ : ~に関してあれこれ言うことはできない(プーさんの口ぐせ)

彼はちょっと考えて、言いました。

I shall try to look like a small black cloud. That will deceive them.”
「よし、小さな黒い雲に見せかけることにしよう。それだったらハチをだませるよ。」

注)I shall : ぜひ、~しよう(強い意思)We shall overcome. (絶対に打ち勝つぞ。)

“Then you had better have the blue balloon,” you said; and so it was decided.
「じゃあ、青い風船を持って行ったほうがいいね。」と、君が言って、決まり

さて、君たち二人は青い風船を持って、いつもそうしているように、万一に備えて君は銃を持って出かけました・・・ 

 

続きを読む→
←前に戻る
最初に戻る

 

 

 

 

 

  1. やさしい英文法

    間接疑問文
  2. やさしい英文法

    副詞の種類
  3. やさしい英文法

    bore は他動詞であるということ
  4. やさしい英文法

    付加疑問文
  5. やさしい英文法

    否定文と疑問文
PAGE TOP