Ch.1-2 昔々、今からずっと前、先週の金曜日頃

第1章 プーさんが風船でハチミツを取りに行くお話

プーさんは「ハチミツ」が大好きです。その「ハチミツ」を巡って、奇想天外なストーリーが語られます。おとぎ話によくあるような「昔、昔」から始まりますが、クリストファー・ロビンも登場するので、「先週の金曜日頃」と最近の話に置き換えています...

 

~ 2 ~

昔々、今からずっと前、先週の金曜日頃、プーさんはサンダースという名のもとに森に1人で住んでいました。

昔々 :物語の冒頭につける表現で One upon a time, Long, long ago 等があります。今からずっと前( a very long time ago )と言っておきながら、先週の金曜日頃( about last Friday )とユーモアを交えて、現在の話にしてしまっています。

( “What does ‘under the name’ mean?” asked Christofer Robin.
(「名のもとにってどういう意味?」クリストファー・ロビンが尋ねました。

under the name of : ~と名のって 『サンダースと名のって』の意味ですが、クリストファー・ロビンの質問にお父さんは次のように答えます。

“It means he had the name over the door in gold letters, and lived under it.”
金色の字で玄関の上にサンダースって書いてたんだ。彼はその下に住んでいたんだよ。」

お父さんは、under the name of を文字通り、『~という名前の表札の下に住んでいた』と説明します。

“Winnie-the-Pooh wasn’t quite sure,” said Christofer Robin.
「プーはそのことをよく分かっていなかったよね。」と、クリストファー・ロビンは言いました。

not quite : 部分否定で wasn’t quite sure で『あまりよくは分かっていなかった』という意味です。
【英語の勉強】部分否定の構文→

“Now I am,” said a growly voice.
「ボクも、わかったよ。」と、唸るような声がしました。

growly : growl(うなる)の形容詞。プーの声を表現したものです。

“Then I will go on,” said I.)
「じゃあ、続けるよ。」と、私。)

ある日、プーさんが散歩にでかけると、森の真ん中にある広場に着きました。 その広場の真ん中に樫の木があり、木の上から、大きなブーンという音が聞こえてきました。

大きなブーンという音 : a loud buzzing ( buzzing は蚊や蜂などのブンブンいう音のこと)

プーは木のふもとに座って、前足で頭を抱えて、考えました。 最初に思ったのは、

“That buzzing-noise means something. “
「あのブーンには何か意味があるんだ。」 

“You don’t get a buzzing-noise like that, just buzzing and buzzing, without its meaning something. “
「あんなブンブンいう音、ブーン、ブーンが聞こえるということには必ず何か意味があるんだ。」

not と without は2重否定で『~すれば必ず~』のような肯定の意味になるので、 something となっています。
【英語の勉強】二重否定の構文→

“If there’s a buzzing-noise, somebody’s making a buzzing-noise, and the only reason for making a buzzing-noise that I know of is because you’re a bee. “
「ブーンという音があるのは、誰かがその音を出しているんだ。ボクが知ってる範囲であの音を出す理由は1つミツバチだってことだ。」

make a noise : 音を出す the only reason for ~ : ~する唯一の理由 know of は「詳しくは知らないけど聞いたことがある」程度の「知っている」という意味で使います。

それからまた、長いこと考えて、言いました。

“And the only reason for being a bee that I know of is making honey. “
「ボクが知ってる範囲でミツバチだってことはハチミツを作るってことだ。」

それから立ち上がって、言いました。

“And the only reason for making honey is so as I can eat it. “
「ハチミツを作るってことは、ボクが食べれるってことだ。」

so as ~ can は「~できるように」という意味。so that ~ can と同じです。

それでプーさんは木に登り始めました。

プーさんは登って、登って、登って、登りながら、ちょっとした歌を、歌いましたこんなふうに・・・

(プーが作った歌)おかしくないかい? (funny)こんなにクマがハチミツを好きだなんて (honey)ブン、ブン、ブン (buzz)どうしてだろう? (does)(それぞれ韻を踏んでいます)

それから、彼はもう少し登って・・・ もう少し・・・ それからもう少し・・・ その頃なでには、彼はもう1つ歌を思いついていました。

とてもおかしな考えだけど、もしクマがミツバチだったら、(Bees)木のふもとに巣を作るだろう (trees)もしそうだったら(もしミツバチがクマだったら) (Bears)こんな木を登る必要もないのに (stairs)

この頃までには、プーさんはかなり疲れていました。

だから『ぐちの歌』を歌ったのです。

もう少しで届きます、あの枝の上に立ったら・・・ ポキッ!

“Oh, help!” said Pooh, as he dropped ten feet on the branch below him.
「あれっ、助けて!」10フィート下の落ちながら言いました。

as : ~しながら、~する時 注)「~する時」と訳す場合も、「その瞬間に」ではなく、ある程度時間を伴った、「~しながら」の要素が入ります。

If only I hadn’t ー” he said, as he bounced twenty feet on to the next branch.
木に登っていなければなあー」20フィート下の次の枝に落ちた時に言いました。

“You see, what I meant to do,” he explained, as he turned head-over-heels, and crashed on to another thirty feet below, “what I meant to do ー”
「いいかい、ボクがするつもりだったのは・・・」逆さまになって、次の30フィート下にぶつかった時に説明しました。「ボクがしたかったのは・・・」

mean to : ~するつもりである。what I meant to do は『私がするつもりであったこと』 what は関係代名詞で『こと』という意味。

Of course, it was rather ー” he admitted, as he slithered very quickly through the next six branches.
もちろん、かなり・・・」彼は、次の6つの枝をズルズルと落ちながら、認めました

It all comes, I suppose,” he decided, as he said good-bye to the last branch, spun round three times, and flew gracely into a gorse-bush, “it all comes of liking honey so much. Oh, help!”
つまり、こういうこと・・・だと思う。」彼は最後の枝に別れを告げて、3回まわってハリエニシダのヤブの中に優雅に飛び込んだ時、結論を出しました。「ハチミツが大好きだってことさ。助けて!」

come of : ~することから生じる。 it all comes of liking honey so much は『ハチミツが大好きであることからこういうことになる』の意味。

 

←前に戻る
続きを読む→
最初に戻る

 

 

 

 

 

  1. やさしい英文法

    文法の基礎
  2. やさしい英文法

    比較
  3. やさしい英文法

    いろいろな構文
  4. やさしい英文法

    否定文と疑問文
  5. プーさんのやさしい英会話

    プーさんはイーヨーの誕生日のプレゼントに何をあげたのでしょうね。
PAGE TOP