Ch.19-5 「この汚いふきんはいらないでしょう?」

第9章 イーヨーがアウルに家を見つけるお話

みんなでアウルの家にあるものを全部、外に出しています。そこへイーヨーがやって来て...

 

(5)

彼らがアウルの昔の家に着いたとき、イーヨー以外のみんながそこにいました。

クリストファー・ロビンは彼らにすることを言って、ラビットは彼らが聞いていないといけないので、すぐ後にもう一度彼らに繰り返しました。

そして彼らは自分のすることをしていました。

彼らはロープを持って、アウルのイスや絵やその他のものを古い家から引っ張り出していました。

それでそれらを新しい家に運び込む準備ができました。

カンガは下の方でそれらをヒモで結んでいました。

そしてアウルに叫びました。

“You won’t want this dirty old dishcloth any more, will you, and what about this carpet, it’s all in holes,” and Owl was calling back indignantly,
「この汚いふきんは要らないでしょう。このカーペットはどうするの。穴だらけよ。」するとアウルは怒って叫び返しました。

“Of course I do! It’s just a question of arranging the furniture properly, and it isn’t a dish-cloth, it’s my shawl.”
「もちろん、要るよ!家具の片付け方の問題だ、それにそれはふきんじゃない、ボクのショールだ。」

時々、ルーが落ちて、次の品物と一緒にロープにつかまって出てきました。

そのことがカンガを少し慌てさせました。

なぜなら彼女はどこを探せばよいか分からなかったからです。

だから彼女はアウルに腹を立てて彼の家は恥だ、湿ってて汚いしちょうど崩れる頃だったのよ。あそこの床から生えている嫌な毒キノコの束を見てごらん!と言いました。

それでアウルが見ると、少し驚きました。

彼はそのことを知らなかったのです。

それで嫌味な笑いをして、あれはスポンジだ、そして人が見て、全く普通の風呂用のスポンジだと分からなければ、物はなんでも古くなるものさと説明しました。

“Well!” said Kanga,
「ねえ!」カンガは言いました。

and Roo fell in quickly, crying, “I must see Owl’s sponge! Oh, there it is! Oh, Owl! Owl, it isn’t a sponge, it’s a spudge! Do you know what a spudge is, Owl? It’s when your sponge gets all–”
そしてルーが素早く落ちて、泣きながら、「ボク、アウルのスポンジを見る!おーあった!アウル、アウル、スポンジじゃないよ。スパッジだ!スパッジって何か知ってる、アウル?スポンジがボロボロに・・・」

spudge : sponge(スポンジ)がボロになりすぎたものをルーがこう呼びました。

そしてカンガは素早く『ルー!』言いました。

なぜなら TUESDAY(火曜日)の綴りが分かる人と話す話し方ではないからです。

でもプーとピグレットがやって来ると彼らはとても喜びました。

そして彼らは少し休憩して、プーの新しい歌を聞こうと、作業を止めました。

それから彼らはいかにいい歌かをプーに告げました。

ピグレットは『いいね、歌にしては。』とうっかりして言いました。

“And what about the new house?” asked Pooh. “Have you found it, Owl?”
「で、新しい家はどうしたの?」プーは言いました。「もう見つけた、アウル?」

“He’s found a name for it,” said Christopher Robin, lazily nibbling at a piece of grass, “so now all he wants is the house.”
「名前だけは見つけてる。」クリストファー・ロビンは何気なく草を噛みながら言いました。「だからあとは家だけだ。」

“I am calling it this,” said Owl importantly,
「ボクは家をこう呼んでいる。」アウルはもったいぶって言いました。

それから彼はみんなに自分が作っていたものを見せました。

それは四角い板で、家の名前がペンキで書いてありました。

THE WOLERY

何かが木の間をやって来てドスンとアウルにぶつかったのはまさにこの瞬間でした。

板が地面に落ちて、ピグレットとルーが熱心にその上をかがみ込みました。

“Oh. it’s you,” said Owl crossly.
「おー、キミか。」アウルは怒って言いました。

“Hallo, Eeyore!” said Rabbit. “There you are! Where have you been?” Eeyore took no notice of them.
「やあ、イーヨー!」ラビットは言いました。「来たね!今までどこにいたの?」 イーヨーは彼らに注意を払うことなく

“Good morning, Christopher Robin,” he said brushing away Roo and Piglet, and sitting down on THE WOLERY. “Are we alone?”
「おはよう、クリストファー・ロビン。」と、ルーとラビットを払い除けて、 THE WOLERY の板の上に座り、「他に誰もいない?」と、言いました。

 

続きを読む→
←前に戻る
最初に戻る

 

 

 

 

 

  1. やさしい英文法

    付加疑問文・間接疑問文
  2. やさしい英文法

    知覚動詞
  3. やさしい英文法

    私もそうです。
  4. やさしい英文法

    間接疑問文
  5. プーさんのやさしい英会話

    プーさんがイーヨーに尻尾がないことに気付きます
PAGE TOP