Ch.19-1 玄関のすぐ下に見慣れないメッセージが...

第9章 イーヨーがアウルに家を見つけるお話

ラビットはアウルのために新しい家を見つけてやろうとします...

 

(1)

プーは100エーカーの森を歩いていました。

そして、かつてアウルの家だった所の前に立っていました。

今は家の面影もなく風に吹き倒された、ただの木のように見えました。

家がそのように見えたら、別の家を見つけようとする頃です。

プーはその日の朝、玄関のすぐ下に、見慣れないメッセージを受け取りました。

それには、『ボクはアウルのために新しい家を探している、だからキミも。 ラビット』と書かれてありました。

そして、彼がどういう意味だろうと考えていると、ラビットが来て、読んでくれました。

“I’m leaving one for all the others,” said Rabbit, “and telling them what it means, and they’ll all search too. I’m in a hurry, good-bye.”
「ボクは他のみんなにこれを置いてきてるんだ。そしてそれがどういう意味かみんなに言うつもりさ。そしたらみんなも探すだろう。ボクは先を急ぐから、さよなら。」ラビットは言いました。

one : メッセージのこと

そして、彼は走り去りました。

プーはゆっくりとついて行きました。

彼はアウルのために新しい家を見つけるよりももっといいことがありました。

つまりもとの家に関するプーの歌を作り上げなければならなかったのです。

なぜならば彼は何日も前に作るとピグレットに約束していて、それ以来、彼とピグレットが会う度に、ピグレットは実際は何も言いませんでしたが、なぜ言わないのかすぐに分かりました。

もし誰かが『歌』や『木』や『ヒモ』や『夜の嵐』のことを話せば、ピグレットの鼻が先までピンク色になり、彼は急いだように話をそらしたからです。

“But it isn’t Easy,” said Pooh to himself, as he looked at what had once been Owl’s House. “Because Poetry and Hums aren’t things which you get, they’re things which get you. And all you can do is to go where they can find you.”
「でも簡単じゃないな。」プーは彼がかつてアウルの家だったものを見て、言いました。「なぜなら、詩というものは自分でつかむものじゃなく、むこうからやって来るものだからね。できることは詩が君を見つけてくれるところへ行くしかないね。」

things which get you : むこうがあなたをつかむもの

彼は希望をもって待っていました・・・

“Well,” said Pooh after a long wait, “I shall begin ‘Here lies a tree’ because it does, and then I’ll see what happens.”
「さて、」プーは長く待った後言いました。「『ここに木がある。』から始めよう。なぜなら、木がここにあるから。それから何が起こるか見てみよう。」

これが起こったことです。

 

続きを読む→
最初に戻る

 

 

 

 

 

  1. やさしい英文法

    現在・過去・未来
  2. やさしい英文法

    第5文型( S + V + O + C )
  3. やさしい英文法

    条件の副詞節
  4. プーさんのやさしい英会話

    プーさんがミツバチをだまして、ハチミツを取ろうとします。
  5. やさしい英文法

    部分否定
PAGE TOP