Ch.18-7 「30分でクリストファー・ロビンと一緒に戻るよ。」

第8章 ピグレットがすごいことをするお話

何とか外に出たピグレットは、クリストファー・ロビンに助けを求めに走り、二人を助け出します...

 

(7)

彼は押しつぶして、さらに押しつぶして、あとひと押しで外に出ました。

嬉しくて興奮して、彼は振り向いて、捕まってる二人に最後のメッセージを送りました。

“It’s all right,” he called through the letter-box.
「うまくいった。」彼は郵便箱を通して叫びました。

“Your tree is blown right over, Owl, and there’s a branch across the door, but Christopher Robin and I can move it, and we’ll bring a rope for Pooh, and I’ll go and tell him now, and I can climb down quite easily, I mean it’s dangerous but I can do it all right, and Christopher Robin and I will be back in about half-an-hour. Good-bye, Pooh!”
「キミの木は風で飛ばされてるよ、アウル、玄関に枝が挟まってる。でもクリストファー・ロビンとボクで動かせる。プーのためにロープを持ってくるね。ボクは行って、彼に言ってくる。ボクは簡単に下りれるよ。つまり危険だけど、大丈夫、できる。30分でクリストファー・ロビンといっしょに戻るから。じゃあ、プー!」

そしてプーの『さよなら、そしてありがとう、ピグレット』という返事を待たずに、出かけて行きました。

“Half-an-hour,” said Owl, settling himself comfortably. “That will just give me time to finish that story I was telling you about my Uncle Robert–a portrait of whom you see underneath you. Now let me seewhere was I? Oh, yes. It was on just such a blusterous day as this that my Uncle Robert–”
「30分か。」アウルは居心地を直して、言いました。「ロバート叔父さんについて話してた話を終われせられる時間だ。彼のポートレートがキミの下にあるだろ?えーっとどこまで話してたっけ?あっ、そうだちょうどこんな風の強い日にボクのロバートおじさんが・・」

プーは目を閉じました。

プーはうんざりしています。

 

~終わり~

 

←前に戻る
最初に戻る

 

 

 

 

 

  1. やさしい英文法

    否定文と疑問文
  2. やさしい英文法

    部分否定
  3. プーさんのやさしい英会話

    臆病ピグレットがした勇敢なこと
  4. プーさんのやさしい英会話

    プーさんがミツバチをだまして、ハチミツを取ろうとします。
  5. プーさんのやさしい英会話

    あまりいいアイデアだとは思わないよ
PAGE TOP