Ch.16-4 「どうして川に落ちたの、イーヨー?」

第6章 プーの新しいゲームにイーヨーが参加するお話(4)

前回のあらすじ
イーヨーは足を水からだして、あおむけになって、ゆっくりと回りながら、水に浮いていました。水から助け出してくれるのを待っています。プーはひらめきました。大きな石を投げて、波を起こせば波がイーヨーを岸のほうに運んでくれるだろう。

 

(4)

プーは石を落としました。

大きな水しぶきが上がって、イーヨーの姿が見えなくなりました・・・

橋の上で見ていたものたちにとっては心配な一瞬でした。

彼らはじっと探しました・・・

ピグレットの棒切れがラビットの棒の少し前に見えてきたことも、思ったほど元気づけることはありませんでした。

それから、 プーが石を間違えたのか、 あるいは川を間違えたのか、 日を間違えたのか、と 思い始めたとき、何か灰色のものが川の土手にちょっとだけ現れました・・・

それはゆっくりと大きくなり・・・

ついにイーヨーが現れました。

叫び声を上げて彼らは橋から突進しました。

彼を押したり引っ張ったりして、やがて彼は乾いた陸の上に立ちました。

【原文】

Pooh dropped his stone.

There was a loud splash, and Eeyore disappeared...

It was an anxious moment for the watchers on the bridge.

They looked and looked...

and even the sight of Piglet's stick coming out a little in front of Rabbit's didn't cheer them up as much as you would have expected.

And then, just as Pooh was beginning to think that he must have chosen the wrong stone or the wrong river or the wrong day for his Idea, something grey showed for a moment by the river bank...

and it got slowly bigger and bigger...

and at last it was Eeyore coming, out.

With a shout they rushed off the bridge,

and pushed and pulled at him; and soon he was standing among them again on dry land

"Oh, Eeyore, you are wet!" said Piglet, feeling him.
「おー、イーヨー、濡れてるよ!」ピグレットは彼を触りながら、言いました。

Eeyore shook himself, and asked somebody to explain to Piglet what happened when you had been inside a river for quite a long time.
イーヨーは体を振って、長いこと川にいたとき何が起こったのかピグレットに説明するよう誰かにたのみました。

"Well done, Pooh," said Rabbit kindly. "That was a good idea of ours."
よくやった、プー。」ラビットは親切に言いました。「ボクらのいいアイデアだったね。」

"What was?" asked Eeyore.
「何が?」イーヨーは尋ねました。

"Hooshing you to the bank like that."
「あんなふうにキミを土手に追いやったことだよ。」

"Hooshing me?" said Eeyore in surprise. "Hooshing me? You didn't think I was hooshed, did you? I dived. Pooh dropped a large stone on me, and so as not to be struck heavily on the chest, I dived and swam to the bank."
「ボクを追いやった?」イーヨーは驚いて言いました。「ボクを追いやった?ボクが追いやられたと思ったの?ボクが潜ったんだよ。プーがボクに大きな石を投げて、胸に当たらないように、潜って岸まで泳いだんだ。」

注)wet :濡れている
注)feeling him :彼を触りながら
注)Well done :よくやった
注)Hooshing :追いやったこと
注)in surprise :驚いて
注)I dived :ボクが潜った
注)so as not to : ~しないように

"You didn't really," whispered Piglet to Pooh, so as to comfort him.
「キミじゃなかったんだ。」ピグレットは慰めるようにプーにささやきました。

"I didn't think I did," said Pooh anxiously.
「ボクじゃなかったんだ。」プーは心配そうに言いました。

"It's just Eeyore," said Piglet. "I thought your Idea was a very good Idea."
「イーヨーだったんだ。」ピグレットは言いました。「キミのアイデアはすごいと思ったけど。」

Pooh began to feel a little more comfortable,
プーは少し救われたように感じました。

because when you are a Bear of Very Little Brain, and you Think of Things, you find sometimes that a Thing which seemed very Thingish inside you is quite different when it gets out into the open and has other people looking at it.
なぜなら頭がないクマがいろいろ考えて、いいアイデアだと思ったことが、結果が出て、それをみんなが見ているときにまったく違っていることに気付くからです。

注)so as to comfort : 慰めるように
注)anxiously :心配そうに

And, anyhow, Eeyore was in the river, and now he wasn't,
でもとにかく、イーヨーは川の中にいたのが、今はそうじゃない。

so he hadn't done any harm.
だからボクは何も危害を加えていない。

"How did you fall in, Eeyore?" asked Rabbit, as he dried him with Piglet's handkerchief.
「どうして川に落ちたの、イーヨー?」ラビットはピグレットのハンカチで彼を拭きながら尋ねました。

"I didn't," said Eeyore.
「落ちてないよ。」イーヨーは言いました。

"But how--"
「でもどうして・・・」

"I was BOUNCED," said Eeyore.
跳ね飛ばされたんだ。」イーヨーは言いました。

"Oo," said Roo excitedly, "did somebody push you?"
「おー」ルーは興奮して言いました。「誰かがキミを押したの?」

注)I was BOUNCED :跳ね飛ばされた
注)excitedly :興奮して

"Somebody BOUNCED me. I was just thinking by the side of the river--thinking, if any of you know what that means--when I received a loud BOUNCE."
「誰かがボクを跳ね飛ばしたんだ。ボクは川のそばで考え事をしていた・・・考えてたんだ。ボクの言ってる意味が分かってくれるなら・・・その時大きな飛び跳ねを受けた。」

"Oh, Eeyore!" said everybody.
「おー、イーヨー!」みんなが言いました。

"Are you sure you didn't slip?" asked Rabbit wisely.
滑らなかったの?」ラビットは賢く尋ねました。

"Of course I slipped. If you're standing on the slippery bank of a river, and somebody BOUNCES you loudly from behind, you slip. What did you think I did?"
「もちろん、滑ったさ。川の滑りやすい土手に立って、誰かが後ろで大きく飛び跳ねたら、滑るよ。ボクがどうしたと思ったの?

注)didn't slip :滑らなかった
注)What did you think I did? :ボクがどうしたと思ったの?(間接疑問文)