Ch.16-1 彼は横たわって川を見ました

第6章 プーの新しいゲームにイーヨーが参加するお話(1)

前回のあらすじ
この章ではプーが新しいゲームを考案し、イーヨーがそれに参加します。

 

(1)

BY the time it came to the edge of the Forest the stream had grown up, so that it was almost a river, and, being grown-up, it did not run and jump and sparkle along as it used to do when it was younger, but moved more slowly.
森の外れまで来ると、小川は大きくなって、ほとんど川のようになり、大きくなるにつれ、幼い時していたような、走ったり、ジャンプしたり、キラキラすることもなく、ゆっくりと流れていました。

For it knew now where it was going, and it said to itself,
というのは、今や流れがどこに向かうのか分かって、自分に言い聞かせています。

"There is no hurry. We shall get there some day."
急ぐことはない。いつかそこに着くのだから。」

しかし、森の上流の小さな小川はみんな、ここに向かいながら、急いで、熱心に、手遅れになる前に見つけるべき多くのことがあるのです。

注)There is no hurry :急ぐことなない

広い道がありました。

ほとんど道路と言えるような幅で、外の世界から森へと続いていました。

しかし、森に入る前に、この川を渡らなければなりませんでした。

それで、渡る場所に、木の橋がかかっていて、ここもほぼ道路と同じ幅で、両側に木の手すりがついていました。

クリストファー・ロビンは、そうしたい時には一番上の手すりにあごをのせたのでしょうが、一番下の手すりに立って、大きく身をのりだし、彼の下のゆっくりとした川の流れを見るほうが楽しいと思いました。

プーもそうしたいときに、一番下の手すりにあごをのせたでしょうが、横になって手すりの下から頭を出し、彼の下を川が流れるのを見るほうが楽しいと思いました。

そして、これはピグレットとルーにとっては川を見る唯一の方法でもありました。

なぜならば、彼らはあまりに小さくて、一番下の手すりにさえ手が届かなかったからです。

それで、彼らは横になり、川を見て・・・ 川は先を急ぐこともなく、ゆっくりと流れていました。

ある日、プーがこの橋の方へ歩いていると、モミの実について詩を一つ作ろうとしていました。

なぜなら、それがそこに、彼のまわりに、あったからです。

そして彼は歌を作りたい気分でした。

それで、彼はモミの実を一つ拾って、それを眺め、思いました。

【原文】

There was a broad track, almost as broad as a road, leading from the Outland to the Forest,

but before it could come to the Forest, it had to cross this river.

So, where it crossed, there was a wooden bridge, almost as broad as a road, with wooden rails on each side of it.

Christopher Robin could just get his chin on to the top rail, if he wanted to, but it was more fun to stand on the bottom rail, so that he could lean right over, and watch the river slipping slowly away beneath him.

Pooh could get his chin on to the bottom rail he if wanted to, but it was more fun to lie down and get his head under it, and watch the river slipping slowly away beneath him.

And this was the only way in which Piglet and Roo could watch the river at all,

because they were too small to reach the bottom rail.

So they would lie down and watch it... and it slipped away very slowly, being in no hurry to get there.

One day, when Pooh was walking towards this bridge, he was trying to make up a piece of poetry about fir-cones,

because there they were, lying about on each side of him,

and he felt singy.

So he picked a fir-cone up, and looked at it, and said to himself,

ほぼ道路と同じ幅 :【原文】almost as broad as a road となっています。
注)almost :ほとんど
注)as ~ as :~と同じくらい
注)broad :幅が広い

"This is a very good fir-cone, and something ought to rhyme to it."
「これはいいモミの実だ、なにかこれに韻を踏む語があったほうがいいな。」

But he couldn't think of anything.
しかし、彼は何も思いつきませんでした。

And then this came into his head suddenly:
それから、突然これが頭に浮かんだのです。

Here is a myst'ry
不思議な話がある

About a little fir-tree
小さなモミの木について

Owl says it's his tree
アウルはそれは自分の木だと言っている

And Kanga says it's her tree
そしてカンガもそれは自分の木だと言っている

注)ought to : ~したほうがいい
注)rhyme : 韻を踏む(確かに、韻は踏んでいますが、内容が今ひとつです)

"Which doesn't make sense," said Pooh, "because Kanga doesn't live in a tree."
「それは意味をなさないな。カンガは木には住んでいないから。」プーは言いました。

彼がちょうど橋のところに来て、先をよく見ずにいると、彼は何かにつまづき、モミの実が手からこぼれて、川の中に落ちました。

"Bother," said Pooh, as it floated slowly under the bridge,
「チェッ。」プーはそれがゆっくりと橋の下を流れていく時に言いました。

注)make sense :意味をなす
注)Bother : チェッ(プーさんの口ぐせ)
注)float : 浮かぶ

nd he went back to get another fir-cone which had a rhyme to it. But then he thought that he would just look at the river instead,
そして、彼は、別の韻をつけていたモミの実を拾いに戻りましたが、そのとき、たまたま、かわりに川を覗き込みました。

because it was a peaceful sort of day,
その日は安らかな日だったからです。

he lay down and looked at it,
彼は横たわって、川を見ました。

and it slipped slowly away beneath him... and suddenly, there was his fir-cone slipping away too.
川は彼の下をゆっくりと流れ、突然、モミの実も流れて来ました。

"That's funny," said Pooh.
おかしい。」プーは言いました。

"I dropped it on the other side," said Pooh, "and it came out on this side! I wonder if it would do it again?"
「ボクは反対側で落とした。」プーは言いました。「そしてこちら側に出てきた!もう一度同じことがやれるかな。」

And he went back for some more fir-cones.
彼はもっとたくさんのモミの実を取りに戻りました。

注)funny :おかしい
注)I wonder if it would do it again :再び同じことがおこるだろうか