Ch.15-6 ピグレットは、おそらく何かの罠だと思いました

第5章 クリストファー・ロビンは午前中何してるの?

ピグレットがイーヨーのところに行くと、イーヨーは3本の棒を地面に置いていました

 

(6)

「ピグレットは彼に感謝し、イーヨーに会いに行くと言くけどよかったら一緒に行くと言いました。

しかし、プーはまた別の詞が浮かんできたので、ピグレットを待つからさよなら、ラビットと言って、ラビットは出かけました。

しかし、起こったことは、最初にピグレットに会ったのはラビットでした。

ピグレットはその日の朝早く起きて、スミレの束をつんで、家の中央のツボに入れた時、誰もイーヨーにつんであげたことがないことを思い出し、考えれば考えるほどスミレの花束をつんであげたことがないどんなに悲しいことかと思いました。

だから、彼は再び、急いで、『イーヨー、スミレ』、それから『スミレ、イーヨー』、忘れないように、言って、そのような1日だったのです。

彼は大きな花束をつんで、香りを嗅ぎながら、嬉しい気持ちで、イーヨーのいる場所へやって来ました。

“Oh, Eeyore,” began Piglet a little nervously, because Eeyore was busy. Eeyore put out a paw and waved him away.
「おー、イーヨー。」ピグレットは少しびくびくして言いました。なぜならイーヨーが忙しくしていたからです。イーヨーは手を出して、あっちに行けと手を振りました。

“Tomorrow,” said Eeyore. “Or the next day.”
「明日ね。あるいはその次の日。」イーヨーは言いました。

ピグレットは少し近づいて、それが何かを見ました。

イーヨーは地面に3本の棒を置いて、じっと見ていました。

2本は1つの端で触れて、反対側は触れていない。

3本目の棒は後の2本を横切るように置いてありました。

ピグレットはおそらく何かの罠だと思いました。

“Oh, Eeyore,” he began again, “I just–”
「おー、イーヨー、ボクー」彼は再び、言おうとしました。

“Is that little Piglet?” said Eeyore, still looking hard at his sticks.
「ピグレットかい?」イーヨーは言いました。まだじっと棒を見ていました。

“Yes, Eeyore, and I–”
「そうだよ、イーヨー、ボクはー」

Do you know what this is?
これが何か知ってる?

【英語の勉強】間接疑問文→

“No,” said Piglet.
「いいや。」ピグレットは言いました。

“It’s an A.”
「Aだよ。」

“Oh,” said Piglet.
「おー、」ピグレットは言いました。

“Not O–A,” said Eeyore severely. “Can’t you hear, or do you think you have more education than Christopher Robin?”
「Oじゃ、ないよ。Aだよ。」イーヨーは厳しく言いましたた。「聞こえない?あるいはキミはクリストファー・ロビンより教養があると思うかい?」

“Yes,” said Piglet. “No,” said Piglet very quickly. And he came closer still.
「思うよ。イヤ、思わない。」ピグレットは素早く言いました。そして彼はさらに近づいて行きました。

“Christopher Robin said it was an A, and an A it is–until somebody treads onit,” Eeyore added sternly.
「クリストファー・ロビンがそれはAと言ったんだ。誰かがそれを踏むまでは。」イーヨーは厳しく付け加えました

ピグレットは急いで後ろに飛び跳ねて、スミレの匂いを嗅ぎました。

Do you know what A means, little Piglet?”
「Aがどういう意味かわかる、ピグレット?」

【英語の勉強】間接疑問文→

“No, Eeyore, I don’t.”
「いや。イーヨー。分からない。」

“It means Learning, it means Education, it means all the things that you and Pooh haven’t got. That’s what A means.”
「それは学問だ、教育を意味するんだ。それは、キミやプーが持っていないものさ。それがAの意味さ。」

“Oh,” said Piglet again. “I mean, does it?” he explained quickly.
「おー。」ピグレットは再び言いました。「つまり、そうだね?」彼は急いで説明しました

I’m telling you. People come and go in this Forest, and they say, ‘It’s only Eeyore, so it doesn’t count.’ They walk to and fro saying ‘Ha ha!’ But do they know anything about A? They don’t. It’s just three sticks to them. But to the Educated–mark this, little Piglet–to the Educated, not meaning Poohs and Piglets, it’s a great and glorious A. Not,” he added, “just something that anybody can come and breathe on.”
いいかい。森にはいろんな人が行き来する。そして彼らは言う。『イーヨーだけだ。だから重要ではない。』彼らは『は、は!』と言ってあちこち歩き回る。でも教育を受けたものにとって・・いいかい、ピグレット・・教育を受けたものにとって、プーやピグレットのことじゃないよ、Aは偉大で輝かしいものなんだ。」彼は付け加えました。「決して誰かがやって来て息を吹きかけるものじゃないんだ。」

mark this : ここにマークを付けなさい。大事だから。

 

続きを読む→
←前に戻る
最初に戻る

 

 

 

 

 

  1. やさしい英文法

    知覚動詞
  2. やさしい英文法

    had better(~したほうがいい)と should(~すべきだ)に関する誤…
  3. やさしい英文法

    文型
  4. プーさんのやさしい英会話

    風が運んできたイーヨーの家
  5. やさしい英文法

    否定文と疑問文
PAGE TOP