Ch.15-4 「キミがその歌を作ったの?」

第5章 クリストファー・ロビンは午前中何してるの?

ラビットがプーに会いに行くと、彼は歌を作っていました...

 

(4)

あまり遠くに行かない内に、彼は音を聞きました。

だから彼は立ち止まってじっと聞きました。

これがその音でした。

プーによる騒音

おー、蝶々が飛んでいる (flying)
もう冬も終わりだ (dying)
サクラソウも出始めている (trying)

キジバトがクーと鳴いている (cooing)
そして森は活動している (doing)
緑の中で、スミレが青いから (blue-ing)

おー、ミツバチが羽を閉じて (gumming)
歌ってる、 (humming)
今度来る夏は楽しいだろうと (coming)

そして牛の鳴き声はほとんどクー (cooing)
そしてキジバトはモー (mooing)
だからプーは日なたでプー (poohing)

春は飛び跳ね (springing)
ひばりが鳴いているのが見える (singing)
歌っているブルーベルが聞こえる (ringing)

そしてカッコーはクーと鳴いていない (cooing)
彼はカッと鳴いたり、コーと鳴いたり (ooing)
そしてプーはただ鳥のように プーと鳴いてる (poohing)

“Hallo, Pooh,” said Rabbit.
「やあ、プー。」ラビットは言いました。

“Hallo, Rabbit,” said Pooh dreamily.
「やあ、ラビット。」プーは夢見ここちで言いました。

“Did you make that song up?”
「キミがその歌を作ったの?」

“Well, I sort of made it up,” said Pooh. “It isn’t Brain,” he went on humbly, “because You Know Why, Rabbit; but it comes to me sometimes.”
「そうだね。ボクが作ったんだよ。」プーは言いました。「頭は使ってないんだ。」彼は控えめに言いました。「知ってるよね、ラビット。時々浮かんでくるんだ。」

humbly : 控えめに

 

続きを読む→
←前に戻る
最初に戻る

 

 

 

 

 

  1. プーさんのやさしい英会話

    プーさんはイーヨーの誕生日のプレゼントに何をあげたのでしょうね。
  2. やさしい英文法

    分詞構文
  3. プーさんのやさしい英会話

    これぞプーさん流の発想の仕方
  4. やさしい英文法

    付加疑問文・間接疑問文
  5. プーさんのやさしい英会話

    North Pole(北極)とは、「北の棒切れ」?
PAGE TOP