Ch.15-1 クリストファー・ロビンはボクを頼りにしている

第5章 クリストファー・ロビンは午前中何してるの?

ラビットは「今日は忙しい一日になる」ような予感がして、クリストファー・ロビンに会いに行きます...

 

(1)

今日はラビットにとって忙しい1日になるばずでした。

彼は目を覚ますとすぐにまるで全てが自分にかかっているかのように重要な1日だと感じました。

まさに『何かを組織する』、あるいは『ラビットによる掲示板を書く』、またあるいは『他のみんながそれをどう思うかを確かめる』、といった1日でした。

急いでプーのところへ行って言わなければならないそんな朝でした。

“Very well, then, I’ll tell Piglet,”
「よし、じゃあピグレットに言ってくる。」

それからピグレットの所へ行き、言います。

“Pooh thinks–but perhaps I’d better see Owl first.”
「プーはこんなふうに考えてるー、でもまずアウルに会ったほうがいいよね。」

みんなが、

“Yes, Rabbit,” and “No, Rabbit,”
「そうだよ、ラビット、違うよラビット」

と言うと、何だかキャプテンになったような気になって、彼がみんなに話すまで待ちました。

彼は家を出て、何をしようかと思いながら、春の朝の香りを嗅ぎました。

カンガの家が一番近くて、カンガの家にはルーがいます。

彼は、「そうだよ、ラビット。」とか「違うよ、ラビット。」と森に住む誰よりも上手に言ってくれる。

でも最近もう一人の動物がいる。

奇妙な飛び跳ねるティガーです。

そして彼はどこかに案内するといつも先頭にいて、目的地に到着して、自慢げに「ここがそうだよ。」と言うときはもういなくなっています。

「いや、カンガの家はだめだ。」ラビットは太陽に髭をクルッと巻いて、考えました。

そこには行かないことを確かめると、左に向きを変え、反対の方へ歩き出しました。

それはクリストファー・ロビンの家の方でした。

“After all,” said Rabbit to himself, “Christopher Robin depends on Me. He’s fond of Pooh and Piglet and Eeyore, and so am I, but they haven’t any Brain.Not to notice. And he respects Owl, because you can’t help respecting anybody who can spell TUESDAY, even if he doesn’t spell it right; but spelling isn’t everything. There are days when spelling Tuesday simply doesn’t count. And Kanga is too busy looking after Roo, and Roo is too young and Tigger is too bouncy to be any help, so there’s really nobody but Me, when you come to look at it. I’ll go and see if there’s anything he wants doing, and then I’ll do it for him. It’s just the day for doing things.”
「結局、」ラビットは思いました。「クリストファー・ロビンはボクを頼りにしている。彼はプーやピグレット、イーヨーが好きだボクも好きさ。でも彼らは脳がない。言うまでもないけど。あおして彼はアウルを尊敬している。なぜなら TUESDAY(火曜日)の綴りを知ってる人は尊敬せざるをえないのだから。スペルは間違ってても、それが全てではないからね。Tuesday の綴りが大して重要ではない日もある。カンガはルーの世話で忙しいし、ルーは稚すぎるし、ティガーは飛び跳ね過ぎて、役に立たない。だから、そうして見ると、ボク以外に誰もいない。彼がしたいことがあるか見てこよう。ボクは彼のためにしてあげられる。今日はまさに何かをする日だ。」

So did I. 【私もそうです】参照 →

彼は楽しそうに歩いて、やがて小川を横切り、友達・親戚が住んでいるところへやって来ました。

今朝はいつもより彼らがたくさんいるように思われました。

ハリネズミは忙しすぎて握手できなかったので、彼らには頷いて、「おはよう、おはよう。」と他のハリネズミにももったいぶって言いました。

そして、「ああ、いたね。」と、小さな連中にもやさしく言って、肩越しに手を振り、ワクワク感と何だか分からない雰囲気を残し、去って行ったので、ヘンリー・ラッシュを含むカブト虫の家族の何人かはすぐに100エーカーの森に出かけて行き、それが何であれ、事が起きる前に頂上に着きたいと思い、木に登り始めました。

それで彼らはそれが何であるのかはっきり分かるでしょう。

ラビットは1分、1分を大切に、100エーカーの森の端まで急いで行き、クリストファー・ロビンが住んでいる木のところへやって来ました。

彼はドアをノックして、1,2度呼びました。

それから少し歩いて戻り、日差しを手で隠して、木のてっぺんに向かって呼びました。

それからあちこちを向いて、「やあ!」とか「ボクだよ!ラビットだ!」と叫んだけど、何も起こりませんでした。

それから、叫ぶのを止めて、聞き入りました。

他の全ても止めて、聞き入りました。

そして森は日差しの中で一人静かに、安らかになりました。

そしてとうとう、突然、100マイル上のほうでひばりが歌い始めました。

 

続きを読む→
最初に戻る

 

 

 

 

 

  1. やさしい英文法

    第5文型( S + V + O + C )
  2. やさしい英文法

    否定文と疑問文
  3. プーさんのやさしい英会話

    クリストファー・ロビンがお父さんにお話をしてくれるように頼みます。
  4. プーさんのやさしい英会話

    ハチミツの壺は全部で14、15?
  5. やさしい英文法

    文型
PAGE TOP