Ch.14-2 でも、ラビットが外出していたらどうしよう

第4章 ティガーが木に登り降りれなくなるお話(2)

前回のあらすじ
プーは散歩しながらみんなはどうしているのかなと考えています。小川の飛び石の所で、カンガ親子とティガーのことを考えて、「歌」を作りました。暖かい日差しの中に座っていると、今度はラビットのことを考えて、「歌」ができました。

 

(2)

So when he had sung this, he got up off his stone, walked back across the stream, and set off for Rabbit's house.
それで彼がこの歌を歌ったとき、彼は石から立ち上がり、小川を渡って戻り、ラビットの家に向かいました。

But he hadn't got far before he began to say to himself:
しかし、彼がこう思ったときには彼はあまり遠くへは行っていませんでした。

"Yes, but suppose Rabbit is out?"
「そう、でもラビットが外出してたらどうしよう。」

"Or suppose I get stuck in his front door again, coming out, as I did once when his front door wasn't big enough?"
「あるいはもう一度ボクが彼の玄関に詰まって、また出るのかな。以前彼の玄関が大きくなくて、ボクが詰まったみたいに。」

注)suppose Rabbit is out? :ラビットが外出してたらどうしよう
注)get stuck : 詰まる

"Because I know I'm not getting fatter, but his front door may be getting thinner."
「ボクは以前より太ってないことは知ってるし、でも彼の玄関が以前より狭くなってるかも。」

"So wouldn't it be better if----"
「それじゃあ入らないほうがいいかも・・」

ずっと彼はこのようなことをいい続けて、何も考えずに西へ西へ行き、突然再びラビットの玄関にいました。

時間は11時でした。

それは『ちょっとしたもの』を食べる時間・・・

30分後、彼は本当にしたかったことをしていました。

彼はピグレットの家の方に歩いていました。

歩きながら、手の裏で口を拭き、手の毛を通してふさふさした歌を歌いました。

【原文】

And all the time he was saying things like this he was going more and more westerly, without thinking... until suddenly he found himself at his own front door again.

And it was eleven o'clock.

Which was Time-for-a-little-something...

Half an hour later he was doing what he had always really meant to do,

he was stumping off to Piglet's house.

And as he walked, he wiped his mouth with the back of his paw, and sang rather a fluffy song through the fur.

It went like this:
こんなふうな歌です。

I could spend a happy morning
楽しい朝になるだろう

Seeing Piglet.
ピグレットに会えば、

And I couldn't spend a happy morning
楽しい朝にはならないだろう

Not seeing Piglet.
ピグレットに会わなければ

And it doesn't seem to matter
かまわない

If I don't see Owl and Eeyore
アウルやイーヨーに会わなくても

(or any of the others),
(あるいは、それ以外の誰とも)

And I'm not going to see Owl or Eeyore
そして、アウルとイーヨーには会わない

(or any of the others)
(それ以外の誰とも)

Or Christofer Robin.
あるいはクリストファー・ロビンとも

Written down like this, it doesn't seem a very good song,
こんなふうに書くと、あまりいい歌のようには思えません。

注)詩に必要な『韻』がないから、この詩をよくないと思ったのでしょう。

but coming through pale fawn fluff at about half-past eleven on a very sunny morning, it seemed to Pooh to be one of the best songs he had ever sung.
でもとても天気のいい朝の11時半頃、淡い褐色のふわふわしたものを通して聞くと、プーにはこれまで歌った中で一番いい歌のように思えました。

So he went on singing it.
それで彼は歌い続けました。

Piglet was busy digging a small hole in the ground outside his house.
ピグレットは自分の家の前で小さな穴を掘るのに忙しくしていました。

"Hallo, Piglet," said Pooh.
「やあ、ピグレット。」プーは言いました。

"Hallo, Pooh,--" said Piglet, giving a jump of surprise. "I knew it was you."
「やあ、プー。」ピグレットは驚いて飛び上がり、言いました。キミだと分かってたよ。」

"So did I," said Pooh. "What are you doing?"
ボクもそうだよ。何してるの?」プーは言いました。

注)So did I :ボクもそうだよ

"I'm planting a haycorn, Pooh, so that it can grow up into an oak-tree, and have lots of haycorns just outside the front door instead of having to walk miles and miles, do you see, Pooh?"
どんぐりを植えてるんだ、プー。大きくなって樫の木になったら、遠い所まで歩いて行かずに、家の前でたくさんのどんぐりが見つかるだろ?」

注)haycorn : acorn(どんぐり)のこと。
注)instead of : ~のかわりに