Ch.13-3 「きみがボクの上に落ちてきたんだ。」

第3章 捜索中、ヘファランプに遭遇するお話(3)

前回のあらすじ
プーは「スモール」がどんな動物かも分からなかったので、まず、ピグレットを探して、どんな動物か聞こうと思いました。ピグレットを探しているうちに、プーは突然、穴に落ちて、かん高い叫び声を聞きました。気が付くと、彼はピグレットの上に落ちていたのです。

 

(3)

"You fell on me," said Piglet, feeling himself all over.
「ボクの上に落ちてきたんだ。」体中をさわりながら、ピグレットは言いました。

"I didn't mean to," said Pooh sorrowfully.
そんなつもりじゃなかったんだ。」気の毒そうにプーは言いました。

注)feeling himself all over :体中をさわりながら
注)I didn't mean to : そんなつもりじゃなかった
注)sorrowfully : 気の毒そうに

"I didn't mean to be underneath," said Piglet sadly. "But I'm all right now, Pooh, and I am so glad it was you."
「ボクも下になるつもりはなかった。でももう大丈夫、プー。君で良かったよ。」ピグレットは悲しそうに言いました。

"What's happened?" said Pooh. "Where are we?"
「何があったの?ボクラはどこにいるの?」プーは言いました。

"I think we're in a sort of Pit. I was walking along, looking for somebody, and then suddenly I wasn't any more, and just when I got up to see where I was, something fell on me. And it was you."
落とし穴の中だろうと思う。誰かを探しながら歩いていたら、突然、もうそこにいなくて、どこだろうと起き上がったら、何かが落ちてきて、それがキミだったんだ。」

注)pit : 穴

"So it was," said Pooh.
そうらしいね。」プーは言いました。

"Yes," said Piglet. "Pooh," he went on nervously, and came a little closer, "do you think we're in a Trap?"
「そう。」ピグレットは言いました。「プー、ボクらはにかかったと思う?」落ち着かなく話を続けて、近づいてきました。

注)so it was : (前の文の念をおして)そうだった
注)nervously : 心配そうに
注)trap : 罠

プーはそのことはまったく考えていませんでしたが、頷きました。

というのは、突然以前ピグレットと二人でヘファランプを捉えようとプーの罠を作ったことがあったのを思い出したのです。

そして何が起こったのか分かりました。

彼とピグレットはプーを捕まえるためのヘファランプの罠にはまったのです。

そういうことだったのです。

【原文】

Pooh hadn't thought about it at all, but now he nodded.

For suddenly he remembered how he and Piglet had once made a Pooh Trap for Heffalumps,

and he guessed what had happened.

He and Piglet had fallen into a Heffalump Trap for Poohs!

That was what it was.

"What happens when the Heffalump comes?" asked Piglet tremblingly, when he had heard the news.
「ヘファランプが来たらどうなるの?」ピグレットは震えて言いました。以前にその話を聞いたことがあったからです。

"Perhaps he won't notice you, Piglet," said Pooh encouragingly, "because you're a Very Small Animal."
「たぶん、キミには気付かないよ、ピグレット。」プーは励ますように言いました。「キミはとても小さいからね。」

"But he'll notice you, Pooh."
「でも、キミには気付くよ、プー。」

"He'll notice me, and I shall notice him," said Pooh, thinking it out. "We'll notice each other for a long time, and then he'll say: 'Ho-ho!'"
「ボクには気付くだろう。そしてボクも彼に気付く。」プーはよく考えて言いました。「ボクたちは長い間お互いに気付くだろう。そして彼は言う『ホーホー』と。」

注)tremblingly :震えるように
注)encouragingly :励ますように
注)each other :お互い

Piglet shivered a little at the thought of that “Ho-ho!”
ピグレットはその『ホーホー』のことを考えて少し震えました。

and his ears began to twitch.
そして彼の耳はピクピク動き始めました。

"W-what will you say?" he asked.
「キ、キミは何て言うの?」彼は尋ねました。

Pooh tried to think of something he would say, but the more he thought, the more he felt that there is no real answer to “Ho-ho!” said by a Heffalump in the sort of voice this Heffalump was going to say it in.
プーは何か言うことを考えようとしたが、考えれば考えるほど、ヘファランプが言うような声で発せられた『ホーホー』に対する適切な返事がないと思いました。

"I shan't say anything," said Pooh at last. "I shall just hum to myself, as if I was waiting for something."
「ボクは何も言わない。」とうとうプーは言いました。「ただ歌を歌うだけさ。何かを待っているように。」

"Then perhaps he'll say 'Ho-ho!' again?" suggested Piglet anxiously.
「じゃあ、彼はまた『ホーホー』って言わない?」ピグレットは心配して言いました

注)at last :とうとう、ついに
注)as if : まるで~かのように
注)suggest : 提案する

"He will," said Pooh.
「言うだろうね。」プーは言いました。

Piglet's ears twitched so quickly that he had to lean them against the side of the Trap to keep them quiet.
ピグレットの耳がピクピクと速く動いたのでそれを抑えるために、罠の壁に押し付けました。

"He will say it again," said Pooh, "and I shall go on humming. And that will Upset him. Because when you say 'Ho-ho!' twice, in a gloating sort of way, and the other person only hums, you suddenly find, just as you begin to say it the third time that --that--well, you find----"
「彼はもう一度言うだろう。でもボクは歌い続ける。すると彼はびっくりする。なぜなら満足そうに『ホーホー』って2回言っても相手がただ歌っているだけだったら、3回目をほら、言おうとして、気付くよ。」

注)upset : うろたえさせる
注)gloating : 得意げに

"What?"
「何に?」

"That it isn't," said Pooh.
「そうじゃないって。」プーは言いました。

"Isn't what?"
「何じゃないの?」

Pooh knew what he meant, but, being a Bear of Very Little Brain, couldn't think of the words.
プーには言いたいことは分かっていましたが、頭が悪いクマだったので、言葉を思いつきませんでした。

"Well, it just isn't," he said again.
「つまり、そうじゃなくなるんだ。」彼は再び言いました。

"You mean it isn't ho-ho-ish any more?" said Piglet hopefully. 「
つまり『ホーホー』じゃなくなるってこと?」ピグレットは希望を持って言いました。

Pooh looked at him admiringly
プーは感心して彼を見ました。

and said that that was what he meant-
そして、まさしくその通りと言いました。

if you went on humming all the time, because you couldn't go on saying “Ho-ho!” for ever.
ずっと歌を歌い続けたらーもう『ホーホー』といつまでも言い続けることはできないだろ?