Ch.12-6 「これがティガーが好きなものだよ。」

第2章 ティガーが森に来て朝食を食べるお話(6)

前回のあらすじ
カンガの家に近づくと、そこにはクリストファー・ロビンもいました。ティガーがまだ朝食を食べていないことをカンガに告げると、棚を見て、好きなものを食べなさいと言ってくれました。プーも何か好物を見つけました。

 

(6)

でも、ティガーがあれこれ鼻や手を置けば置くほど、見つけたものは嫌いなものばかりでした。

そして、棚の中を全部見て、何も食べることができなかったとき、彼はカンガに言いました。

「今度はどうしよう?」 しかし、カンガもクリストファー・ロビンもピグレットもルーの回りに立って、ルーがモルト・エキスを飲むのを見ていました。

そしてルーが「どうしても?」と言うと、カンガは「さあ、約束したでしょ?」と言っていまいた。

"What is it?" whispered Tigger to Piglet.
「それは何?」ティガーはピグレットにささやきました。

"His Strengthening Medicine," said Piglet. "He hates it."
「ルーの力をつける薬さ。彼はそれが嫌いなんだ。」ピグレットは言いました。

注)whisper :ささやく
注)Strengthen : チカラをつける
注)hate : 嫌い

それでティガーは近づいてきて、ルーのイスの背もたれごしに、突然舌を出して、大きくひと舐めすると、突然びっくりして飛び上がりました。

カンガは「まあ、」と言って、飲み込みかけたスプーンをつかんで、ティガーの口からスプーンを無事に取り出しました。

しかし、モルツ・エキスはなくなっていました。

"Tigger dear!" said Kanga.
「ティガーったら。」カンガは言いました。

"He's taken my medicine, he's taken my medicine, he's taken my medicine!" sang Roo happily, thinking it was a tremendous joke.
「彼がボクのを取った。彼がボクの薬を取った。彼がボクの薬を取った。」ルーは嬉しそうに歌いました。そしてすごいジョークだと思いました。

それからティガーは天井を見上げ、目を閉じて、残っているといけないので、口の回りを舌で舐めました。

顔に安心したような笑みを浮かべ、「これがティガーが好きなものだよ。」と言いました。

その後彼がいつもカンガの家に住んで、朝食や昼食、夕食、お茶の時間にモルト・エキスを食べるようになったのです。

そして時々、彼が力になるものを欲しがっているなとカンガが思ったとき、ルーの朝食の1さじか、2さじを食事の後に薬として飲ませました。

"But I think," said Piglet to Pooh, "that he's been strengthened quite enough."
「でも、思うんだけど、彼はもう十分にチカラはついているよね。」とピグレットはプーに言いました。

すごいジョーク?
結局、ティガーの好物はルーが嫌いな「力の付く薬」でした。ルーが飲もうとしているその薬をティガーが取ったことをいっています。つまり、「薬を飲む」も「薬を取る」も take medicine だということです。

注)quite enough :もう十分に

 

~終わり~