Ch.11-4 ここだけの話だけど、寒いんだよ

第1章 プー横丁にイーヨーの家が建つお話(4)

前回のあらすじ
イーヨーのために家を造ってあげる話をピグレットにすると、ピグレットは森の反対側にたくさんの棒きれがあったことをプーに伝えます。一方、クリストファー・ロビンのところへイーヨーがやって来て、「家」がなくなったことを話します。

 

(4)

"But Eeyore, I didn't know. I always thought ー"
「でもイーヨー、知らなかった。いつも思ってたけどー」

"I don't know how it is, Christofer Robin, but what with all this snow and one thing and another, not to mention icicles and such-like, it isn't so Hot in my field about three o'clock in the morning as some people think it is.
「状況はわからないんだけど、クリストファー・ロビン、この雪やら、何やらつららとかそんなので、夜中の3時頃はボクのいるところは、みんなそう思ってるように、それ程暖かくないんだ。

注)what with ... and ... : ~やら~やら
注)not to mention : ~は言うまでもなく
注)icicles and such-like :つららとかそのようなもの

It isn't Close, if you know what I mean ー not so as to be uncomfortable. It isn't StuffyIn fact, Christofer Robin," he went on in a loud whisper, "quite-between-ourselves-and don't-tell-anybody, it's Cold."
密集もしてないし、言いたいことが分かってくれるかなあ、居心地が悪いほどでもないし、息苦しくはないよ。実は、クリストファー・ロビン、ここだけの話だけど、誰にも言わないでね。寒いんだよ。」彼は大きなささやき声で言いました。

注)close :密集している
注)not so as to be uncomfortable :居心地が悪いほどでもない
注)stuffy :息苦しい
注)in fact :実は
注)in a loud whisper :大きなささやき声で
注)between ourselves : ここだけの話

"Oh, Eeyore!"
「おお、イーヨー!」

"And I said to myself: The others will be sorry if I'm getting myself all cold.
「そして思ったんだよ。ボクが寒くなったら、みんなが気の毒がるだろうなって

They haven't got Brains, any of them, only grey fluff that's blown into their heads by mistake, and they don't Think, but if it goes on snowing for another six weeks or so, one of them will begin to say to himself:
彼らは頭が悪いから、みんな、間違って頭に灰色の綿を詰められただけだよ。考えないんだ。でも、もしあと6週間も雪が降り続けば、誰か一人思い始めるよ。

注)grey fluff :灰色の綿
注)by mistake : 間違って

'Eeyore can't be so very much too Hot about three o'clock in the morning.' And then it will Get About. And they'll be Sorry."
『イーヨーは夜中の3時頃は暖かいはずがない』って。そのあと噂が広まって、みんなが気の毒に思う。」

"Oh, Eeyore!" said Christofer Robin, feeling very sorry already.
「おお、イーヨー!」クリストファー・ロビンはすでに気の毒だと思いました。

"I don't mean you, Christofer Robin. You're different. So what it all comes to is that I built myself a house down by my little wood."
「キミじゃあないよ、クリストファー・ロビン、キミは別だ。だから、結局、森の側に自分で家を建てようということになったんだ。」

注)get about :噂が広まる
注)what it all comes to is that ~ : つまりこういうことだ

"Did you really? How exciting!"
「本当かい?すごいね!」

"The really exciting part," said Eeyore in his most melancholy voice, "is that when I left this morning it was there, and when I came back it wasn't. Not at all, very natural, and it was only Eeyore's house. But still I just wondered."
「本当にすごいのは、」イーヨーはとても憂うつそうな声で言いました。「今朝、出かけるときにあったのが、帰ってくるとなくなってた。何一つ。すっかり。イーヨーの家だったんだ。今でも不思議だよ。」

注)melancholy :憂うつそうに
注)not at all :何ひとつ