ティガーは木には登らない
スポンサーリンク

 

クリストファー・ロビンは上着を脱いで、四隅をプーとピグレット、イーヨーに持ってもらいました。木から降りれなくなったルーとティガーを助けるためです。ルーは難なくジャンプしましたが、ティガーはその勇気がありません。

 

 

ルー
Come on, Tigger, it's easy.
さあ、ティガー。簡単だよ。

ティガー
It's all very well for Jumping Animals like Kangas, but it's quite different for Swimming Animals like Tiggers.
カンガのようにジャンプする動物ならうまく行くんだけど、ティガーのように泳ぐ動物にとっては話が違うんだ。

クリストファー・ロビン
Come along, you'll be all right.
さあ、おいで、大丈夫だから。

ティガー
Just wait a moment, small piece of bark in my eye.
ちょっと待って、目に木の皮が入った。

ルー
Come on, it's easy!
さあ、簡単だよ。

ティガー
Ow!
おう!

クリストファー・ロビン
Look out!
気をつけて、みんな!

 

ぶつかる音がして、裂ける音がしました。
地面にはみんなのごっちゃになったかたまりがありました。
クリストファー・ロビンとプーとピグレットがまず起き上がりました。
それから彼らはティガーを起こしました。

そしてみんなの下にはイーヨーがいました。

 

クリストファー・ロビン
Oh, Eeyore! Are you hurt?
おう、イーヨー!怪我した?

 

(長い沈黙のあと、)

 

イーヨー
Is Tigger there?
ティガーはいる?

クリストファー・ロビン
Yes, Tigger's here.
いるよ。ティガーはここだよ。

イーヨー
Well, just thank him for me.
それじゃあ、ボクにかわって、彼に感謝して。

 

 

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事