スポンサーリンク

肯定文と否定文で使い分けは必要!

"I thought he was a boy."(彼は男の子だと思っていた。)
"So did I."(僕もそうだよ。)  <Winnie-the-Pooh>

前文に対して、「~もそうです」という表現は、前文が肯定か否定かで変わってきます。

肯定の場合、So + [be動詞・助動詞] + [主語]

否定の場合、Neither(Nor) + [be動詞・助動詞] + [主語]

Be 動詞の場合

I’m a university student. (私は大学生です)
So am I. (私もです) / So is my son.(私の息子もです)ー 肯定文

I'm not a doctor.(私は医者ではありません。)
Neither am I.(私もそうです。)ー 否定文

 

一般動詞・助動詞の場合

I like baseball.(私は野球が好きです。)
So do I.(私もそうです。)ー 肯定文

I can’t play tennis. (私はテニスが出来ません)
Neither(Nor) can I. (私もそうです)ー 否定文

 

さらに短く・・・

「私もそうです」、「私もそうではありません」をさらに短くして、
Me too.
Me neither.
という表現もありますが、少しカジュアルすぎるようです。

 

 

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事