主語と動詞

文は主語と動詞を中心に広がっていく

例) 私 行く (どこへ?)
私 行く 東京へ (誰と?)
私 行く 東京へ 友達と (何しに?)
私 行く 東京へ 友達と 遊びに (いつ?)
私 行く 東京へ 友達と 遊びに 今日 (完成!)

普通は主語の後に動詞が来ます。

I walk.(私は歩く) / Birds fly.(鳥は飛ぶ)

他動詞

目的語をとる動詞を他動詞という。>

I like music.(私は音楽が好きです)
I speak English.(私は英語を話します)

【他動詞】
like(好きです)+(何が?=目的語)
speak(話す)+(何を?=目的語)

補語

Be 動詞のあとにくる語を補語という。

I am Tom.(私はトムです)
This is a book.(これは本です)

Be 動詞(is, am, are)は「~です」という意味で、
前後の語を =(イコール)でつなぎます。

私 = トム  /  これ = 本

目的語は比較的理解しやすいですが、補語は理解しにくいので最初は Be 動詞の後にくる語と覚えておきましょう。

注)ただし、次の文の home は補語ではなく、場所を表す副詞です。

I am home.(私は家にいます

Be 動詞は「~です」と「~にいます」という2つの意味を持っています。

 

 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう