3単現のS
スポンサーリンク

3単現のS

「3単現のS」というのは三人称単数が主語のとき、一般動詞にーs をつけるという文法です。

「三人称」というのは、私とあなたを除く第3者のこと。

代名詞で言うと、「 he=彼」「 she=彼女」「 it=それ」に該当するすべての主語です。

 例) Tom (= he )、my mother (= she )、his dog (= it )などを三人称単数といいます。

三人称単数が主語で現在形の場合、Be動詞は is を用い、一般動詞には3単現の s,es がつきます。

3単現の s,es の付け方

s をつけるもの

runs  knows  plays  eats  likes

es をつけるもの
ーo、ーsh、ーch、ーs などで終わる語は ーes をつけます。

goes  teaches  does  catches  washes

y を i に変えて es をつけるもの
ーy の1つ前が子音のときは、 y を i に変えて es を付けます。

cries  carries  studies

注)play や stay のように ーy の1つ前が母音のときはそのまま s を付けます

have は、has となります。

三人称複数の場合

複数の場合、ーs をつける必要はありません。

三人称複数というのは、they に相当する「主語」のことです。

例) Tom and John (= they )、my parents (= they )

 

 

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事