スポンサーリンク

名詞を飾る分詞のことを「分詞の形容詞用法」という。

動詞の活用に「現在分詞」「過去分詞」がある。

現在分詞」は語尾に ~ing がついて、「進行形」のときに使い、

過去分詞」は過去形に似た活用で、「受け身」や「現在完了」で使う。

つまり、

現在分詞は「能動の~している」、
過去分詞は「受動の~された、完了の~してしまった」

という意味がある。

 

「分詞」は「形容詞」として「名詞」を修飾することができる。

「分詞」が形容詞として名詞を修飾するとき、

1語で修飾させる場合は、「名詞」の前に置かれる。

sleeping baby
眠っている)赤ちゃん

2語以上で修飾させる場合は、「名詞」の後に置かれる。

a baby sleeping in the cradle
ゆりかごで眠っている)赤ちゃん

過去分詞の場合は名詞と分詞が「受動」の関係になることが多い。

What is the language spoken in Canada?
(カナダで話されている)言語は何ですか?

注) the language(=言語) と speak(=話す)の関係は、「受動」、つまり「言語」は常に「話される」側になります。

「人」ー(能動の関係)ー「話
「言語」ー(受動の関係)ー「話される

 

 

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事