スポンサーリンク

 

「アウル」はやたらと難しい言い回しが好きなようです。昔から、フクロウは「森の物知り博士」とか、「森の哲学者」と呼ばれています。「クマのプーさん」の物語でも、「物知り」として登場しますが、アウルはちょっと間の抜けた「物知り」のようです。

この会話は雨が降り続いて、まわりを水で囲まれている場面です。

 

 

クリストファー・ロビン
I say, Owl, isn't this fun? I'm on an island!
ねえ、アウル、楽しくないかい?島にいるよ。

アウル
The atmospheric conditions have been very unfavourable lately.
大気の状態は最近好ましくないな。

クリストファー・ロビン
The what?
何が?

アウル
It has been raining.
雨が降ってるってことさ。

クリストファー・ロビン
Yes, it has.
そうだね、降ってるね。

アウル
The flood-level has reached unprecedented height.
洪水のレベルは空前の高さだ。

クリストファー・ロビン
The who?
誰の?

アウル
There's a lot of water about.
回りに水が来てるってことさ。

クリストファー・ロビン
Yes, there is.
そうだね。来てるね。

アウル
However, the prospects are rapidly becoming more favourable. At any moment ー
しかしながら、予想は急速に好ましい方向に向かっている。今にもー

クリストファー・ロビン
Have you seen Pooh?
プーを見かけた?

アウル
No. At any moment ー
いいや。今にもー

 

 

アウルはまだまだ、難しいことを言いたそうです。ハリー・ポッターにも「フクロウ」が登場しますね。ハリーに手紙を届ける役目をしていました。

 

 

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事