North Pole(北極)とは、「北の棒切れ」?

クリストファー・ロビンと仲間たちは全員で「North Pole(北極)」を探す探検に出かけました。実は、誰一人「North Pole(北極)」がどんなものか知りません。もちろん、クリストファー・ロビンも知らずに、探検に出るのです。昼食後、クリストファー・ロビンは物知りラビットに相談します。

 

 

Christofer Robin :
“I didn’t want the others to hear.”
「みんなに聞かれたくなかったんだ。」

Rabbit :
“Quite so.”
「そうだね。」

Christofer Robin :
“It’s ー I wondered ー It’s only ー Rabbit, I suppose you don’t know, What does the North Pole look like.”
「実は、思ってたんだ。ただ、ラビット、君は「北極」がどんなものか知らないよね。」

Rabbit :
“Well, now you’re asking me.”
「じゃあ、君はボクにきいてるんだね。」

クリストファー・ロビンが知らないことをラビットに尋ねてくれたことで、得意になっています。

Christofer Robin :
“I did know once, only I’ve sort of forgotten.”
「前は知ってたけど、ちょっと忘れたんだよ。」

Christofer Robin :
“It’s a funny thing, but I’ve sort of forgotten too, although I did know once.”
「面白いね。ボクも忘れたんだよ。前は知ってたけど。」

もちろん、ラビットも知りません。

Christofer Robin :
“I suppose it’s just a pole stuck in the ground?”
「地面に突き刺さった棒じゃないかな?」

Rabbit :
“Sure to be a pole, because of calling a pole, and if it’s a pole, well, I should think it would be sticking in the ground, shouldn’t you, because there’d be nowhere else to stick it.”
「きっと棒だね。pole(棒)と言うくらいだから。それに棒だったら、確かに地面に突き刺さってるはずだね。他に突き刺せるところはないから。」

Christofer Robin :
“Yes, that’s what I thought.”
「そう、ボクもそう思うんだ。」

Rabbit :
“The only thing is where is it sticking?”
「ただ、それがどこに刺さっているのか?」

Christofer Robin :
That’s what we’re looking for.
「それをぼくらは探してるんだ。」

 

 

「North Pole(北極)」というのは、文字通り、「北のほうにある棒切れ」のことだと思っているのでしょう。

 

 

プーさんのやさしい英会話

やさしい英文法

  1. 知覚動詞
  2. had better(~したほうがいい)と should(~…
  3. 否定の意味が含まれる文
  4. 動詞の強調
  5. 文型

スポンサーサイト

  1. やさしい英文法

    主語と動詞
  2. やさしい英文法

    進行形
  3. やさしい英文法

    動詞の強調
  4. プーさんのやさしい英会話

    『プー棒』で遊ぼうよ。
  5. やさしい英文法

    3単現のS
PAGE TOP