これぞプーさん流の発想の仕方

 

プーさんは体を泥んこにして、青い風船につかまって、空に浮かんでいます。ミツバチに「空に浮かぶ黒い雲」だと思わせて、「ハチミツ」を取ろうとしているのです。でも、ミツバチは疑っています。そこでプーさんはクリストファー・ロビンにお願いして、今にも雨が降りそうな演出をします。

 

 

風船につかまって空に浮かんでいるプーさんに向かって、クリストファー・ロビンが言います。

Christofer Robin :
“Shall I put my umbrella up?”
「傘をさそうか?」

Pooh :
“Yes, but wait a moment.”
「そうだね。でもちょっと待って。」

Pooh :
“We must be practical.”
「現実的になろうよ。」

Pooh :
“The important bee to deceive is the Queen Bee.”
「騙すのに大事なハチは女王バチだよ。」

Pooh :
“Can you see which is the Queen Bee from down there?”
「そこからどれが女王バチだかわかるかい?」

Christofer Robin :
“No.”
「いや。」

Pooh :
“A pity. Well, now, if you walk up and down with your umbrella, saying, ‘Tut-tut, it looks like rain,’ I shall do what I can by singing a little Cloud Song, such as a cloud might sing….Go!”
「残念。でも、じゃあ、もし君が傘をさして、『チェッ、雨みたいだ』って言いながら、その辺りを歩いてくれたら、ボクは雲が歌いそうなちょっとした雲の歌を歌ってボクなりにできることをするよ。さあ!」

 

 

プーさんが「ハチミツ」を好き過ぎることで、物語はとんでもない展開になりました。この続きが気になりますか?

 

プーさんのやさしい英会話

やさしい英文法

  1. 関係代名詞
  2. 動詞の~ing
  3. 時制の一致
  4. 仮定法
  5. 文法の基礎

スポンサーサイト

  1. プーさんのやさしい英会話

    怖くなってピグレットは何とか家に帰ろうとします
  2. プーさんのやさしい英会話

    森の中も物騒なのです
  3. やさしい英文法

    第5文型( S + V + O + C )
  4. プーさんのやさしい英会話

    『プー横丁の家』の誕生秘話
  5. プーさんのやさしい英会話

    ティガーが初めて登場する場面です。
PAGE TOP