ミツバチはプーさんを疑っています

 

プーさんが、体を泥んこにして、青い風船につかまっていると、まるで「青い空に浮かぶ黒い雲」のように見えます。でも、ミツバチは少し、疑っているようです。クリストファー・ロビンはもうバレバレだと思いながらも、プーさんについていきます。

 

 

Pooh :
“Christofer Robin!”
(大きなささやき声で)「クリストファー・ロビン!」

Christofer Robin :
“Hallo!”
「どうしたの?」

Pooh :
“I think the bees suspect something!”
「ハチが何かを疑ってるよ。」

Christofer Robin :
“What sort of thing?”
「どんなこと?」

Pooh :
“I don’t know. But something tells me that they’re suspicious!”
「分からない、けどハチが疑ってるような気がするんだ。」

Christofer Robin :
“Perhaps they think that you’re after their honey.”
「たぶん君がハチミツを狙ってると思ってるんだよ。」

Pooh :
“It may be that. You never can tell with bees.”
「そうかもしれない。ハチのことだから何とも言えない。」

 

 

You never can tell with ~(~のことだから何とも言えない)はプーさんの口ぐせです。とても深くて、味わい深い表現ですね。

 

プーさんのやさしい英会話

やさしい英文法

  1. 部分否定
  2. 人称代名詞
  3. 分詞構文
  4. 仮定法
  5. 名詞の種類と単数・複数

スポンサーサイト

  1. プーさんのやさしい英会話

    そろそろティガーに教えてやる頃だ
  2. プーさんのやさしい英会話

    プーさんがイーヨーに尻尾がないことに気付きます
  3. やさしい英文法

    付加疑問文・間接疑問文
  4. プーさんのやさしい英会話

    臆病ピグレットがした勇敢なこと
  5. やさしい英文法

    動詞の~ing
PAGE TOP