怖くなってピグレットは何とか家に帰ろうとします

 

ある雪の日、ピグレットはプーが何かの足跡を追っているところにやってきます。二人は「ウーズル」の足跡だと思っています。追っているうちに、足跡が増えて、ピグレットは怖くなります。なぜなら、「ウーズル」はどう猛だと思っているからです。

 

 

Piglet :
“I think that I have just remembered something.”
「ちょっと思い出したことがあって。」

Piglet :
“I have just remembered something that forgot to do yesterday and shan’t be able to do tomorrow.”
「昨日するのを忘れてて、明日では絶対だめなことを今思い出したんだ。」

Piglet :
“So I suppose I really ought to go back and do it now.”
「だからこれから家に帰ってそれをしようと思うんだけど。」

Pooh :
“We’ll do it this afternoon, and I’ll come with you.”
「午後にしようよ。手伝いに来るから。」

Piglet :
“It isn’t the sort of thing you can do in the afternoon, it’s a very particular morning thing, that has to be done in the morning, and, if possible, between the hours of ー What would you say the time was?”
「午後にできるようなもんじゃないんだ。朝のうちにしなければならない特別な朝の仕事なんだ。そしてできるなら ー の時間に ー 今何時だい?」

Pooh :
“About twelve.”
「12時くらいかな。」

 

 

ピグレットはとても怖がりで、好奇心はあるものの、家に帰りたくてしかたがありません。「ちょっと用事を思い出して。」というのが一番の口実です。

 

プーさんのやさしい英会話

やさしい英文法

  1. 知覚動詞
  2. 主語と動詞
  3. 現在・過去・未来
  4. 比較
  5. 時制の一致

スポンサーサイト

  1. プーさんのやさしい英会話

    風が運んできたイーヨーの家
  2. プーさんのやさしい英会話

    親友のプーもクリストファー・ロビンと最近あまり会っていません
  3. やさしい英文法

    付加疑問文・間接疑問文
  4. プーさんのやさしい英会話

    クリストファー・ロビンがお父さんにお話をしてくれるように頼みます。
  5. やさしい英文法

    部分否定
PAGE TOP