森の中も物騒なのです

 

プーがラビットの家を訪れて、呼びかけますが、中でガサガサという音がして、ラビットは居留守を使っているようです。やっとのことで、信じてもらえたプーさんは狭い穴を無理して中に入ります。

 

 

Pooh :
“Pooh Bear.”
「プーだよ。」

Rabbit :
“Are you sure?”
「ほんとに?」

驚いてラビットが言いました。

Pooh :
“Quite,quite sure.”
「ほんとに、ほんとだよ。」

Rabbit :
“Oh, well, then, come in.”
「ああ、それじゃあ、入って。」

プーさんは体を押して、押して、やっとのことでラビットの住む穴の中に入って行きます。

Rabbit :
“You were quite right, It is you. Glad to see you.”
「君の言う通りだったね。君だね。会えて嬉しいよ。」

ラビットはプーを上から下まで見ながら言います。

Pooh :
“Who did you think it was?”
「誰だと思ったの?」

Rabbit :
“Well, I wasn’t sure. You know how it is in the Forest. One can’t have anybody coming into one’s house. One has to be careful. What about a mouthful of something?”
「あの、よく分からなかったんだ。森がどんなふうかしってるだろう。人の家に誰かを入れてはいけないんだよ。注意しなきゃ。何か食べる?」

 

 

ラビットはこの会話でわかるように、少し気難しい面があるようです。でも、誰よりも計画をたてるのが得意で、みんなを引っ張って行こうとするので、とても頼りにされていますよ。

 

プーさんのやさしい英会話

やさしい英文法

  1. いろいろな構文
  2. 進行形
  3. 否定の意味が含まれる文
  4. 私もそうです。
  5. 否定文と疑問文

スポンサーサイト

  1. プーさんのやさしい英会話

    イーヨー、どうして時にはキミのほうから出かけないの?
  2. やさしい英文法

    動詞の~ing
  3. プーさんのやさしい英会話

    ハチミツの巣を育てる?
  4. やさしい英文法

    分詞の形容詞用法
  5. プーさんのやさしい英会話

    キミに会えて嬉しいよ、イーヨー
PAGE TOP