スポンサーリンク

 

プーがラビットの家を訪れて、呼びかけますが、中でガサガサという音がして、ラビットは居留守を使っているようです。やっとのことで、信じてもらえたプーさんは狭い穴を無理して中に入ります。

 

 

プー
Pooh Bear.

プーだよ。

ラビット
Are you sure?

ほんとに?

 

驚いてラビットが言いました。

 

プー
Quite,quite sure.

ほんとに、ほんとだよ。

ラビット
Oh, well, then, come in.

ああ、それじゃあ、入って。

 

プーさんは体を押して、押して、やっとのことでラビットの住む穴の中に入って行きます。

 

ラビット
You were quite right, It is you. Glad to see you.

君の言う通りだったね。君だね。会えて嬉しいよ。

 

ラビットはプーを上から下まで見ながら言います。

 

プー
Who did you think it was?

誰だと思ったの?

ラビット
Well, I wasn't sure. You know how it is in the Forest. One can't have anybody coming into one's house. One has to be careful. What about a mouthful of something?

あの、よく分からなかったんだ。森がどんなふうかしってるだろう。人の家に誰かを入れてはいけないんだよ。注意しなきゃ。何か食べる?

 

 

ラビットはこの会話でわかるように、少し気難しい面があるようです。でも、誰よりも計画をたてるのが得意で、みんなを引っ張って行こうとするので、とても頼りにされていますよ。

 

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事