プーさんがラビットの家を訪ねます

 

居留守と言えば、普通は明かりを消して、何も言わずにじっと相手が帰るのを待ちますが、ラビットは違います。「誰かいる?」に対して、「誰もいないよ。」と答えます。私はこの受け答えが大好きです。なぜなら、この後プーさんは「誰もいないのか。」と信じてしまいます。これこそ、「クマのプーさん」の世界だからです。

 

 

Pooh :
“Is anybody at home?”
「誰かいる?」

 

(突然あわてて走る音が穴の中から聞こえて、静かになります。)

 

Pooh :
“What I said was, ‘Is anybody at home?”
「『誰かいる?』って言ったんだよ。」

 

(プーは大声で叫びます。)

 

Rabbit :
No! you needn’t shout so loud. I heard you quite well the first time.
「誰もいない!そんなに怒鳴らないでよ。初めから聞こえてるよ。」

 

Pooh :
“Bother! Isn’t there anybody here at all?”
「ちぇっ! ここには本当に誰もいないの?」

 

Rabbit :
“Nobody.”
「誰もいないよ。」

 

 

ラビットは気難しいので、プーだと分かっていて、わざと居留守を使っているのでしょうか。何度もいいますが、このような会話が成立するところがまさにプーさんの世界だろうと思います。

 

プーさんのやさしい英会話

やさしい英文法

  1. 否定文と疑問文
  2. 比較
  3. 現在・過去・未来
  4. 接続詞
  5. 時制の一致

スポンサーサイト

  1. やさしい英文法

    付加疑問文・間接疑問文
  2. やさしい英文法

    It ~ that の強調構文
  3. やさしい英文法

    いろいろな構文
  4. プーさんのやさしい英会話

    目覚めた時、最初にどんなことを考える?
  5. プーさんのやさしい英会話

    怖がりピグレットがここでも・・・
PAGE TOP