スポンサーリンク

 

ある日、プーさんが森を歩いていると、木のてっぺんからミツバチのブーンという音が聞こえてきます。

プーさんは「ハチミツ」を取ろうと、木に登りますが、もう少しのところで枝が折れて、まっ逆さまにー

諦めきれずに今度は、クリストファー・ロビンから青い風船をもらい、体を泥んこにして、風船につかまって、登っていきます。

体を泥んこにして、青い風船につかまったのは、ミツバチに「青い空に浮かぶ雲」だと思い込ませるためです。

 

 

プー
What do I look like?

何に見える?

クリストファー・ロビン
You look like a Bear holding on to a balloon.

風船につかまってるクマに見える。

プー
Not - not like a small black cloud in a blue sky?

青い空に浮かぶ小さな黒い雲に見えない?

クリストファー・ロビン
Not very much.

あんまり。

 

結局、ハチミツは取れませんでした。プーさんは、あまりに長く風船を持ち続けていたので、上に伸ばした手は一週間以上そのままでした。ハエが鼻の上にとまると、プーさんは「プーッ!」と息を吹きかけてハエを追い払いました。

「プーさん」と呼ばれるようになったのはそのためだと、お父さんは説明しています。

 

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事