プーさんがミツバチをだまして、ハチミツを取ろうとします。

 

ある日、プーさんが森を歩いていると、木のてっぺんからミツバチのブーンという音が聞こえてきます。

プーさんは「ハチミツ」を取ろうと、木に登りますが、もう少しのところで枝が折れて、まっ逆さまにー

諦めきれずに今度は、クリストファー・ロビンから青い風船をもらい、体を泥んこにして、風船につかまって、登っていきます。

体を泥んこにして、青い風船につかまったのは、ミツバチに「青い空に浮かぶ雲」だと思い込ませるためです。

 

 

Pooh :
“What do I look like?”
「何に見える?」

Christofer Robin :
“You look like a Bear holding on to a balloon.”
「風船につかまってるクマに見える。」

Pooh :
“Not – not like a small black cloud in a blue sky?” 
「青い空に浮かぶ小さな黒い雲に見えない?」

Christofer Robin :
“Not very much.” 
「あんまり。」

 

結局、ハチミツは取れませんでした。プーさんは、あまりに長く風船を持ち続けていたので、上に伸ばした手は一週間以上そのままでした。ハエが鼻の上にとまると、プーさんは「プーッ!」と息を吹きかけてハエを追い払いました。

「プーさん」と呼ばれるようになったのはそのためだと、お父さんは説明しています。

 

プーさんのやさしい英会話

やさしい英文法

  1. 進行形
  2. 仮定法
  3. 文法の基礎
  4. 私もそうです。
  5. I went shopping. は「私は買い物に行った。」…

スポンサーサイト

  1. やさしい英文法

    条件の副詞節
  2. プーさんのやさしい英会話

    プー、キミがやったのか?
  3. やさしい英文法

    名詞の種類と単数・複数
  4. やさしい英文法

    形容詞・副詞
  5. プーさんのやさしい英会話

    プーさんが教えてくれた教訓
PAGE TOP