スポンサーリンク

知覚動詞とは「見る」「聞く」「感じる」等の意味を持つ動詞

see(見る), watch(見る), look at(見る), notice(気づく), hear(聞く), listen to(聞く), feel(感じる) など。

これらの動詞は目的語の後に、動詞の原形がくる。
ただし、原形 be は必ず省略される。

I saw him cross the street.
私は彼が通りを横切るのを見た。

I saw him crossing the street.
私は彼が通りを横切っているのを見た。
( be crossing の be が省略されている。)

I heard someone call my name.
私は誰かが私の名前を呼ぶのを聞いた。

I heard my name called.
私は私の名前が呼ばれるのを聞いた。
( be called の be が省略されている。)

受動態の場合

I saw him cross the street.
→ He was seen to cross the street.
彼は通りを横切るのを見られた。
(原形の場合、受動態にすると to が必要)

I saw him crossing the street.
→ He was seen crossing the street.
彼は通りを横切っているところを見られた。

 

 

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事